これが私。現在地を確認してきた

自分らしいって何だろう?
「たけちゃんらしいね」って言われて、なんか嫌な気がするときがあるのは何でだろう?

先日から、「生きづらさって何?」「自分らしさって何?」という、正解のないような疑問を抱いて、幾夜を明かし、とうとう「これかっ!」ってものが見つかった気がする。
≫生きづらさについて

自分らしいは、自分で認めるしかない。
人に言われたことをそのまま受け入れるでもいいし、拒否するでもいい。

「これが自分」ってものがあると、「自分らしいって何?」という迷いがないんじゃないかな。
「これが自分」をすっきりまとめて話すのは、本当に難しい。

先日、「アート合宿」なるものに参加して、絵を描いてきたので、その絵を通して見えた「自分らしさ」を書いてみる。

大広間で10人くらいで絵を描いた。
私は当然のごとく、自分の絵と人のを比べてしまっていた。

「あんなふうに描きたい」と思って描いてみたら、全然満足できなかった。

あの人みたいに幻想的で美しい情感は私には出せない。
でもここからどうすることもできない。

あの人みたいにカッコよく力強く描けない。
弱っちくなった。
まだ私には早い。

娘が好きな色を使ったけど、いじくり倒したくなっていろいろ描き加えてたら、終わりのない世界の絵になった。
気づいたら娘のことは置き去りだ。いつもの私。

頭の中もうるさかった。
青山テルマよりも「ここにいる」アピールをした絵。
恥ずかしくて見てられない。パッと見は普通の絵だけど。

「ちょっとわかりにくいけど、実は〇〇なんです(ドヤ)」みたいな、おしゃれな絵を描こうとしたけど、しっくりこなくて。
塗り直して実際の風景に近づけた。
「たけちゃん、それ、おたまじゃくし?」って、見てくれた人に伝わった。
わかってくれてありがとうございました、だった。

親子や家族を思いながら描いた絵が9枚中3枚。
私のテーマって、やっぱり「家族」なのか! 
そう思い知らされた。

そんな感じだった。

どれもうまいってわけじゃない。
美術の授業ならもっとよく見て描きなさいって言われるような絵。

この絵は、そこら辺をつたっていた、可愛いまるい葉っぱを思い出しながら描いた。
場所によって微妙に色も形も違う。
水辺の岩でも、樹齢2000年以上の木でも、神経図太くつたっている。
けなげで可愛い。

水景の苔や水のきらめきも好きだけど、なぜだか葉っぱの虜になって、めちゃたくさん描いた。
はじめは岩も苔も木も空も描いてたんだけど。

私は正直、合宿参加を申し込んだときの気持ちが最高潮で、初日は目的も目標もなし。
日常を離れることは楽しみだったけど、絵を描くことに対しては不安で期待も薄れていっていた。

合宿初日、テーマを与えられた絵を描いた。
私は課題をこなしただけだった。
ほかの人みたいに描きたい衝動がわいてこない。

エネルギーある人たちからはみ出て、「しょーもないな、私」とちょっと寂しかった。

年季の入った布団でゴロゴロした。
ぐっすり寝て起きて、予定まで時間があったから朝風呂に入った。

絵具を落とすため、とりあえず体をきれいにするために入った昨晩とは違っていた。

朝のお風呂は明るいし、温度がすごく気持ちよかった。
温泉成分かな、肌もちゅるんちゅるん。

誰も入りに来ない。

お風呂は狭いし、掃除も行き届いてるとは思えない。
でも湯舟から見た景色が、すごく美しく感じた。

あ、この色の感じきれい、絵に描いてみよう。
朝の支度をして、大広間に向かった。

お風呂で観た景色を思い出しながら描いた。
キャンバスに自分の思い通りの色が乗せられて、嬉しかった。

本当は、こんなんじゃないけど、私の頭の中にあって、出してみたい世界はこんな感じだなーと。
頭の中のイメージが、そのまま絵に出た。

今思うと「おめでとうございます」って感じ。

お風呂の床はたぶん、みんなが感動するほど「きれい」じゃない。

ほかの人の絵と自分の絵を見比べると、「中身のない自分」を観てるような気持ちになった。
まだまだ私には描けない絵があることを知った。

おかげで、ほかの誰でもない「自分」と「自分の現在地」を確認できた。

カッコいい絵を描こうとしてもうなくいかなかったし、それなりにしかなれなかった私。
あの狭い古いお風呂を楽しめる私。
全部が、今の私だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

活動や興味などいろいろ配信中。
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録
活動や興味などいろいろ配信中
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録