MX4Dで「シン・エヴァンゲリオン劇場版:❘I」を観てメモってみた

ちょっと前の話ですけども、こっそりオタクの聖地@大阪に行ってきました。

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:❘I」をMX4Dで観賞するためです!

写真も男性のおひとりさまが順番待ち。
失敗しても撮り直す勇気が出せず、こんな感じで。

みなさん、流行のファッションなんかには全く興味もなさそうな猫背。
エヴァだけに全神経を集中させているんじゃないかと推測。
映画見たらお好み焼き食べようなどと考えている私とは、気合の入れようが違います。

前回観賞での学びも生かせず、また飲み物を買ってしまった私、情けない。
≫前回、シン・エヴァンゲリオン劇場版:❘I を観てきた話

MX4Dってのは、シートや劇場自体に仕掛けがあって、シートが揺れたり、しぶきがかかったり、光が強まったりという体感効果があるやつ。
≫TOHOシネマズのちゃんとした説明

映画が始まってから、いきなり戦闘シーンで揺れるんだけど、最初、自分がどう観賞したらいいのかわからなかった。
映像はエヴァパイロットの視点なのに、風が顔に当たる。
かと思えば、遠くからズンズンやってくるヤツの地響きでシートが揺れてる。
そのうち、「カメラに近いポジションで観てるテイんだな」と納得したから、まあいいんだけど。

だけど、シンジが嘔吐したところで揺れたり、レイの転倒で揺れたりするのがなんか冷めるなーと思った。
TOHOシネマズの「MX4D、今から始まるよー!気をつけてねー」の映像がいちばん体感が面白かった。

そんななか、私、なんか閃いてしまって。
暗闇でメモをとり始めました。

なんでも学んだら早くアウトプットしないと忘れるんです、私。
ひといちばい忘れっぽいので。

で、振り返りしようと思って、メモを観ながら書いています。

ほえーーーと感心したシーンのセリフ。

「なんでみんなこんなに優しいんだよ!」
「碇くんが好きだから」

「人生は楽しいことと辛いことの繰り返し」

「碇くんが付けた名前になりたい」

『りりん?』って何?と思ってメモ。

✕Aditional → ◎Additional

そうそう、「絶望のリセットじゃなく希望のコンティニューを選ぶんよな」
「『にえ』って何?」って思ったんだっけ。(ギモンパート2)

ほらほら、早く整理しないから、何書いたか分からなくなってるわ……。
ま、いいか。

エヴァは、考えさせられることが多いな。
うん、いい作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください