私、怒ってもよかったんだ。

私はこれまで、「些細なことに目くじら立てず、いつも平静でいられることがいい」と思っていました。

でも最近、「一旦、不平不満をぶちまけるのって大事なんだな」と思い直しました。

「ふだん優しくておとなしい人が、ある日突然大爆発」というのは、よくあるパターンかもしれません。

私は「大爆発」も経験済みですが、爆発すらしない別のパターンも体験しています。

今回はそれをお話ししたいです。

怒れなくなっちゃった。

 

私は、世の中の多数派が「嫌だ」と認知していると確認できることだけにしか「嫌だ」と言えません。
私だけだったり、私を含めた少数派だったりの異論は、嫌われてしまうと思うからです。

「うんちは臭い」は言えるけど、「○○スーパーのトイレは臭い」は言えない、みたいな感じです。

 

「人の悪口を言う人は嫌われる」と、小さい頃から言われてきました。

実際、私は「私の親の悪口を私に言う親戚」のことが嫌でした。

 

何がきっかけなのかはわかりませんが、私にとって「人の悪口を言うこと」は、「人から嫌われてしまうこと」、「自分の立場を脅かすこと」になっていました。

 

そうやって私は、「怒り」を封じ込めてしまい、その場ですぐには怒れなくなっていきました。

子どもにはすぐに怒れるのは不思議ですが。

次第に私は、こうも考えるようになっていました。
「怒っても現実は良くならない」
「くだらないことで怒っていたら時間がもったいない」

「たけちゃん、それ怒るところだよ」

 


人に怒れなくなった私は、「誰かに怒るようなエネルギーは私にはない」とも思っていました。

 

「『私が心地いいと感じること』、『私がやらなければならないと考えていること』、私はそこにエネルギーを注がなきゃいけないんだ!」 

そう信じていました。

でも、だんだん変わってきました。

ちょっとした愚痴を言い合える友人ができました。
ある日、彼女との会話の中で、言われたのです。

「たけちゃん、それ怒るところだよ。」

 

私からすると、彼女はとにかく「怒れる人」でした。

彼女を交えて雑談していると、彼女は「抗議」「愚痴」「イジられている人よりも速いツッコミ」など、怒りのバリエーションが豊富な人だと感じました。

私は、自分を守るために「悪口」も「怒り」も封じ込めていました。

人から嫌われたくないし、自分の立場を脅かしたくない。

そう思っていた私でしたが、だんだん、「怒ったほうがいいのかも?と思いはじめました。

 

自分の嫌な気持ちを抑えてしまうのは、自分にとって嫌なことを許すこと。

それは嫌なことの再発につながるんじゃないか。

自分で自分を大事にできていなかったんじゃないか。

 

私は、そういうことをあまり重要に感じていませんでした。

麻痺していたというか。

そんな私にピッタリのアイテムが、彼女から届きました。

それが『くろのーと。』です。

自分の中の黒い気持ちを吐き出す。

限定販売→完売の、くろのーと。

『くろのーと。』は、自分の目標や願望を書く「夢ノート」という類のものではありません。

思考を現実化するような、たいそうなノートでもありません。

制作者のえみりーが設定したテーマに沿って、ひたすら「嫌だ」「嫌い」を書いていくノートです。

実際のできごとも実名も書いてあるので、誰にも見せられません。

テーマがあるので、怒りに鈍い私にも書きやすい。

かといって、全ページを書き尽くすのは難しいです。

 

それでも書くと気持ちがスッキリすることがわかりました。

 

 

えみりーは、こんなことを話していました。

部屋をきれいにするとき、まず要らないものを捨てる。

気持ちも同じようなもので、きれいにするまえに要らないものを出さないと、いいものが入ってこないんじゃないかな。

 

心を部屋にたとえるなら、私は自分の心のゴミを見落としていたように思います。

 

これからは、小さな変なものも拾って、自分のことを理解してあげるつもりでいます。

 

体、お金、人づきあい。ノートなら問題なさそう。

 

嫌なことがあったとき、どうやって乗り越えていますか。

誰かに話す? ノートに書く?
運動、愛する人のハグ、ペット、推し?
お酒、スイーツ、ギャンブル、買い物?

 

いろいろある中で、ノートがいちばん健康的でハードルが低そうに思います。

ノートなら、24時間×365日、私の愚痴も怒りも受け止めてくれそう。

 

自分しか見ないものには、恥ずかしさも、炎上も心配ありません。

ノートにこっそり、ぶちまけてみるのはいかがでしょうか。

たけ
たけ

ご意見ご感想を「たけぞーの虫めがね」LINEに送ってもらえると嬉しいです!

 

\何かが送り付けられるたけぞーの虫めがねLINE/

たけぞーの虫めがね

Special Thanks!

たけ
たけ
  • えみりー 『くろのーと。』と「書く」楽しさを教えてくれてありがとう。
  • さわらぎ寛子先生 「それが言いたかった」がくっきりしたと思います。文章添削ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください