子どものおもちゃが飽和状態!祖父母が子どもにおもちゃを買い与える件について、私の結論

片づけのプロ×看護師 竹本ひろこです。

 

 

 

今日は義父と子どもの話を少し。

 

いきなりですが、

 

子どものおもちゃって増えますよね

うちは、大きなおもちゃを買ってあげるのは、クリスマスや誕生日だけです。

金銭的事情から。

それでももう8歳・3歳の子どもたちには、おもちゃがいっぱいです。

 

ですが、祖父母は…。

お菓子、ガチャガチャ、¥1,000くらいの子どもの心をつかむおもちゃを

会うたびに、買ってあげちゃっています。

 

欲しがるし、うるさいし、買うと喜ぶと祖父母も嬉しいし。

 

そしたら、うちは、おもちゃが飽和状態になりがち。

おもちゃを大切にしにくい…。

「捨てられない性分=モノを大切にしている」ということでもないんですよね。

うちの子のおもちゃに関しては。

 

これを繰り返すと、義父にとっても結構な出費だし、義父に意見したこともあります。

 

自分の子どもじゃないからなw

全責任が自分にかからないし、たまに会うだけだもんな。と。

それに自分の子どもと少し似てる顔で甘えてくると、可愛いのでしょうね。

 

義父によると

仕事が忙しくて、夜帰宅すると幼い息子に『知らない人が家に入ってきた』と泣かれたことがある

のだそう。

 

まだまだ仕事はしている義父ですが、自分の子どもと十分に触れ合えなかった思いを、孫で取り戻そうとしているのかもしれません。

子育て終えてるから、寄ってきてくれるのは、今のうちって、知ってるんでしょうね。

義父の楽しみのひとつ

 

自分の子にできなかったことを、孫に…。

そんなふうに考えると、おもちゃを買い与えるのは、義父の楽しみのひとつなのでしょう。

 

ときどき、そのおもちゃを整理して、手離す練習をしてるのが、うちの子どもたち^^;

 

義父はゲームセンターでも、わりと気前がいい。

義父の獲る系のゲーム攻略術がスゴイ。

この大きなぬいぐるみは、クレーンゲームで義父が獲ったモノ。他にも戦利品があります^^;

隣のミニオンはハッピーセットのおまけです。

 

おまけも増える

 

もったいない。

義父のお金も。

いずれ処分されるであろうおもちゃも。

 

少なからず、そう感じています。

 

もったいないけど、人間関係とか、心に残る体験って大切だと思います。

(お金やモノが人間関係に及ぼす影響も大いにあるとは思いますが)

 

それぞれの価値観

これも自分の価値観ですよね。

義父も 子どもも 自分も 大切にして暮らしていきたいと思います。

 

 

 

読んでくださってありがとうございます。

 

 

オフィスオーガナイザー®︎ 竹本ひろこ

 

 

 

 

シェアする

コメントする