【基礎編オンライン開講】SOHOビジネス整理術認定講座

ライフオーガナイズとは|思考の整理って面倒くさくない?

ライフオーガナイズとは「思考と空間の整理術」

どうして思考を整理するの?面倒くさい!

ライフオーガナイザーとは

もともとはアメリカで30年以上前に誕生し、現在では一般的に認知されている職業、思考と空間の整理のプロ『プロフェッショナル・オーガナイザー』の日本版として2008年に新しく誕生した職業です。

『Organize(オーガナイズ)』を辞書でひくと、『組織する、計画準備する、体系づける、まとめる、結成する』といった意味が出てきますが、アメリカのプロフェッショナル・オーガナイザーの仕事における『オーガナイズ』とは、住居・生活・仕事・人生等あらゆるコト、モノを効果的に準備・計画・整理し整えることという意味で使われています。

「ライフオーガナイザー®とは」一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会より

ものが豊富でいつでも手に入れられるようになった現代では、「生活スペースや仕事スペースがものにあふれて片づけない」というお悩みも少なくありません。『断捨離』や『人生ときめく片づけの魔法』など片づけブームがありました。そういった片づけ本もたくさん出版され、主婦雑誌では毎月「片づけ」が特集されています。

そうなんです。今はものだけでなく、情報もあふれているんです。企業じゃなくて、個人もブログやSNSで発信できるようになりました。ものすごいスピードで情報量が増えています。

参考 データ流通量の爆発的拡大総務省

ものも情報もあふれた現在では、それらに振り回されて、自分の時間がなくなってしまう……そんなことが起こってきます。介護や育児で自分の時間がもともと持ちにくい人もたくさんいます。

こういった問題は、どうやったら解決するんでしょうか?

思考を整えずに空間を整えてみると?

たけちゃん

部屋の状態をお肌にたとえてみます
お肌が荒れたとき、どうしますか?

いろんな解決方法があると思うんです。ストレスが溜まってたんじゃないかとか、洗顔方法がいけなかったんじゃないかとか、自分で原因を考えてぐっすり寝てみたり、丁寧に泡洗顔したり。スキンケアコスメを買いに行って、お手入れを頑張ってみたり。皮膚科を受診してみたり。客観的な重症度と、主観的な問題意識の違いで、ひとりひとりの行動は違ってくると思います。

「思考を整えずに空間を整える」というのは、状況を俯瞰せずに自己判断すること…、とりあえず捨ててみる、片づけてみるということ、にもなってしまうのではないでしょうか?

たけちゃん

それってとてもリバウンドしやすいんです

価値観が定まっていないと情報に振り回されがちです。情報が溢れているから。

とりあえずモノを捨ててみたら、空間が広がって心にも余裕ができて寛大な気分になり、「あれもこれもいいな」「安いからいいや」といって無用なストックを増やしてしまったりします。とりあえず配置してみたモノと空間は、自分の行動習慣に合っていないから、使ったモノをもとに戻しにくくて、収納の前にちょい置きしてしまう…。収納内部は空なのに、その前にモノが積まれる現象が起こってきます。

これらは典型的なリバウンドです。

たけちゃん

思考を整えるって大事です!

思考を整えられないときもある

頭の中がひどい混乱状態のときには、「まず思考を整える」というのは無理があります。こういうときはサポートや手順を変えます。(精神疾患陰性症状の方もご紹介があれば受け付けています→『個人のお客様』

思考の整理って面倒?それを一緒にやるのがライフオーガナイザーです

「手っ取り早く、片づけてくれたらいいんちゃうん?」という方は、ぜひほかの系統のサービスをご依頼ください。家事代行型や廃棄処分型など、いろいろあります。

「自分で決めるのは嫌。失敗するかもしれない」という方は、合うか合わないかわかりませんが、有名なカリスマ先生に教えてもらってはいかがでしょうか?

モノだけちゃっちゃと片づけてほしい人は、他を当たってください

モノだけちゃっちゃと片づけてほしい人は、他を当たってください』でも書いているように、いきなり片づけ作業を始めません。じっくりと問題解決のためのコンサルティングに時間を使います。現状、問題点、理想の状態をすり合わせ、どういう過程で進めていくか、同意や納得されているかなど、じっくり確認していきます。

多くの片づけ資格がありすが、ライフオーガナイザーは、このコンサルティングに重きをおいています。オーガナイズ(平たく言うと『整理収納片づけ』)を仕事として成り立たせるプロの意識とスキルを習得して、ライフオーガナイザー1級に認定される。現在ライフオーガナイザー1級認定を受けて、ライフオーガナイザーとしてビジネス資格のある者は、全国に1,000名以上(2019年4月現在)います。

思考と空間の整理術」という日本ライフオーガナイザー協会のキャッチコピーには、ただ単に空間だけを整理するんじゃなくて、まず思考の整理をすることが大事だと表現しています。

自分の軸、価値観をはっきり・しっかり持つ(認識する)ことが、とても大事になっています。価値観の明確化・確立で、自分に必要なものだけを選び取ることができるようになります。不要なものを手放し、必要なものだけを周りにおくようになります。道具・服・本・家事・仕事・人間関係…などあらゆるモノ・コトに、自分の価値観が反映されていくようになります。それが「心地よい暮らし」というものです。

自分の身の回りの環境に自分の価値観が反映されていく。自分の思い通りにならないことも多いけど、それはそれで「一人一人違う価値観をもっていること」と「気持ちよく過ごせるものの見方」があれば、大丈夫です。それがラクに生活する、人生をよりよく生きるということだと私は考えています。

そして、多くの人に「自分にとっての心地よい暮らし」を体感してほしいので、全国のライフオーガナイザーたちは活動しています!

プロの片づけ疑似体験 | 2019チャリティイベント大阪会場

関連書籍には写真映えする広い家がよく出ていますが、築10年超のマンションに住んでいたり、実家が慢性的に散らかっていたりするライフオーガナイザーもいます。

たけちゃん

はい、私でーす

ライフオーガナイズについて語ってきましたが、ライフオーガナイズじゃなくてもいいんです。人生をよりよく生きれたら。

でも、ライフオーガナイズや片づけっていうのは、私の人生をよくしたものなんで、これからもお伝えしていきます。このブログを読んでくださった方が、人生をよりよく生きるためにライフオーガナイズに触れて関わってくださったら、とても嬉しいです!これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください