押入れの中に母への感謝をこめて

月に1度のペースで、実家の母に泊まりに来てもらっています。

 

 

片づけのプロ×看護師 竹本ひろこです。

 

 

私はアラフォー夫婦、小3・息子、年少・娘の4人家族です。

百舌鳥・古市(もず・ふるいち)古墳群の世界遺産登録に向けて盛り上がっている、大阪府堺市に住んでいます。

 

 

実家は兵庫県の西宮市。

「昔から甲子園球場って大阪じゃないの?」である意味、有名なまちでしたが、西宮ガーデンズができたりして、まちの一部は、ますますおしゃれになっています。

(阪急沿線から離れた実家にも年々余波が…)

 

 

押入れの中にあるもの

 

 

先日、紹介した押入れ収納の一部に、70歳目前の母のお泊りセットを収納しています。

 

 

 

押入れ上段の右側。

収納BOX1つ分です。

中身は、寝衣や洗面グッズからラジオ、いろいろ入っています。

 

 

母は、うちに泊まりくるときに、約2日分の着替えもミニトランクに詰めてきます。

お土産も持ってきてくれるから、荷物が多い。

 

 

私が息子を妊娠して、産前産後は2か月ほど滞在してくれました。

そこから、母にだいたい月1で、来てもらっています。

子どもが熱を出したとき、私が研修に行くとき、電車ではるばる1時間かけて来てくれます。

 

 

夫はというと、ほぼカレンダーどおりに出勤する会社員です。

なかなか都合をつけにくいです。

「幼い子どもには母親が家にいることが必要」という考えをもっているようです。

なので、私が病院看護師のときは、勤務に穴を空けたくない私の考えと、たびたび衝突していました。

 

夫は病児保育の利用にも反対だったのですが、先日、受け入れてくれました。

子どもが熱を出したら、病児保育か、予定をキャンセルさせてもらうか、を選択します。

学びが好きなので、研修も可能な範囲を見極めて参加しています。

 

話がそれました…。

 

 

最近、息子と娘が私の実家に泊まりにいけるようになりました。

でも、母がまだまだこちらに泊まりに来られるうちは、母の荷物は置いておきたいと思っています。

 

 

これは、私がそうしたいからです。

押入れ収納は何度も調整し直してきました。

毎回、母の荷物は押入れに残しています。

「ここに住んでいない・しょっちゅうは来ない」ということは、母の荷物を押入れから出す理由にはなりませんでした。

 

母がうちに来てくれるときは、家族がしんどいときも多いです。

私が寝込んでいるとか。

泊まりに来てくれた母が寝るのは、押入れがある和室です。

母がいちばん取り出しやすい、ここに、荷物を収納しておきたい。

 

 

ケアをする人が使いやすい、機能的な環境にすることは大事だと思っています。

私の家ではあるけれど。

私が助けてもらうから。

 

 

だから在宅療養の場合も

 

大前提は、そこで暮らす人が自立して、快適に生活できる環境です。

「暮らす人」にケアが必要な場合もあります。

そのケアの程度によって、ケアする家族が使いやすい、機能的な環境にすることが大事だと思っています。

*「ケアする人」が外部サービスだったら、また別の話です。

 

 

いかがですか?

子育て中の方、子どもさんが自立しやすいような、自分がケアしやすいような環境ですか?

在宅ケア中の方、対象の方の機能回復・維持しやすいような、自分がケアしやすいような環境ですか?

 

 

 

読んでくださってありがとうございます。

 

 

オフィスオーガナイザー®/看護師 竹本ひろこ

 

11月14日(火)9:50-11:50

うめだ生涯学習センターで開催します

 詳細・お申し込みは画像をClick! 

一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講座です。

かんたんな片づけは自分を楽にする。強くする。大阪・堺 片づけのプロ×看護師 竹本ひろこ

シェアする

コメントする