LINE無料相談 受付中です ≫

「あえての収納」ねらいと注意点

「わが家ではこんなものを、あえてこんなところに収納してるよ~」
というものはありますか?

収納の基本は定位置管理。

その定位置は、

  • 使う場所に収納する
  • 定位置が分かりやすい
  • よく使うものは出し入れしやすいところに収納する

というふうに決めるといいですよね、というお話を「定位置管理は整理収納の基本と言いますが」でお伝えしました。

定位置管理は整理収納の基本と言いますが

ですが、
「あえて見えにくいところに収納するもの」
「あえて出し入れしにくいところに収納するもの」
もあると思うんです。

今日はそんな「あえての収納」についてのお話です。

あえて見えにくいところに収納する

ねらい

  • 視界がクリア
  • 見られたくないものを隠せる

注意点

  • 収納したことに気づきにくくて忘れてしまう

たけちゃん

タイムカプセルをどこに埋めたかわからなくなってる話ありましたよね

あえて出し入れしにくいところに収納する

ねらい

  • しょっちゅう出さなくていい、しょっちゅう出したくない
  • 出し入れが可能な人だけが触れるようにしたい
  • 関節可動域・筋力など運動機能の維持

注意点

  • 出し入れできなかった人がある日突然出し入れできるようになり触れるかも
  • 出し入れできる人がある日突然出し入れできなくなってしまうかも

たけちゃん

押し入れ天袋に収納していたおもちゃがソファの上に。兄妹の連携プレーでした

おわりに

「現時点の認知機能・運動機能は、あてにならない」ってことを理解して収納したほうがよさそうですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください