笹部新太郎さんの桜愛が深くて泣きそう

桜が咲く頃、「令和3年春季展 笹部さくらコレクション 江戸に桜(はな)ひらく」に行ってきました。
笹部新太郎という「桜守」かつ「桜コレクター」の展示です。

昨日までは臨時休館してたようですが、また見られるようになってる。
よかった。

奈良時代から花見の風習があったぽい。(うろ覚え)

今より道具も素材も描きやすいようには思えないけど、花弁や幹の表現が繊細で美しかった。

「桜狂い」の人たち、「桜狂い」が生み出すものに魅了される人たち、桜フェス、桜推し、熱狂だなー、なんて思った。

笹部新太郎の活動が沁みる。
桜守・笹部新太郎の遺志を引き継ぐ人たちが出たのも必然だと思う。

桜守公園の南側にマンションが計画された。日陰になると笹部桜が枯れる。住民は署名活動をはじめ、公園にしようと不動産会社と神戸市に陳情を繰り返した。バブルで地価が高騰しており、不動産会社は計画をあきらめない。笹部桜の重要性、住民がいかに愛着を持っているかを訴え、1992年に神戸市が買い取り公園になった。 

「桜守」その後 | よみがえる鎮守の森と桜の園

この引用を持ってくるために読んだ記事。
初めのほうも、桜愛が危険で泣きそう。ぜひ読んでほしいです。
≫「桜守」その後 | よみがえる鎮守の森と桜の園

この展示で気になったことが、もうひとつあったから、別で書いておこー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

活動や興味などいろいろ配信中。
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録
活動や興味などいろいろ配信中
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録