10/19(金) 堺市堺区でママ活マルシェに出展します
10/25(木)ビジネス書類整理術セミナー

すっきり快適な暮らしの前に、 命をまもろう

生活する意欲を「片づけ」で支える 看護師×片づけのプロ 竹本ひろこです。

昨日、こんな記事を書きました。

押入れの中に母への感謝をこめて

命をまもろう

そこで暮らす人が自立して、快適に生活できる環境が前提

自宅でケアを受ける人にとっての快適、ゴールって何でしょうか?

医療・介護のほか、子育ても含め、自宅でヘルスケアを「受ける側」の目的は、

  • 住み慣れたまち・家で安心して過ごす
  • 苦痛が和らぐ
  • 快適に過ごす
  • 自立あるいは機能の回復・維持

このようなことです。

これらを実現させるには、まず安全確保が第一です。

命をまもろう

 

 

自宅の危険ってなに?

次のようなことは、危険です。

  • 歩いて踏む床の上にモノがある
  • 危険なモノが、危険察知しにくい人の、手の届くところにある
  • 危険察知しにくい人が、ひとりで危険な場所に立ち入ることができる(キッチン・浴室・屋外など)
  • 落ちると危険なモノが、高いところにある
  • 体に負担をかけるような配置をしている
  • かなり不衛生な環境

どうしたら安全なの?

  • 歩くところにものを置かない
  • 危険なものは手の届かないところへしまう
  • 事故の可能性がある場所へひとりで立ち入らないように工夫する(鍵をつける、ベルをつける)
  • 重いものは下のほうへ置く
    高いところに置きたいなら、軽いものにする
  • 体に負担がかかりにくいような配置にする(よく使うものを取り出しにくいところに置かない)
  • 食品管理、汚物の管理をする
    掃除をする

あたり前のことに思えますが、けっこう難しいことです。

 

お手伝いが必要でしょうか?

私でお役に立てるとうれしいです。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!