2019年1月20日(木)仕事の書類整理術セミナー@心斎橋

これは育児書です。 男の子がひとりでできる「片づけ」

ライフオーガナイザーの中村佳子さんが書籍を初出版されました。

男の子が ひとりでできる「片づけ」

参考 ママと子どもにやさしい片づけライフオーガナイザー中村佳子のブログ

中村佳子さんは、私がライフオーガナイザー2級認定講座を受講したときの講師だった方です。

2級講座楽しかったな…♪

当時、そこでADHDと片づけられないことの話を聞いて、「私もきっとそうだわ…」と衝撃を受けていました。

懐かしい。

 

さて、この本のレビューです。

本の内容のご紹介

『片づけなさい!』『早くしなさい!』とだけ、子どもに伝えていませんか?
男の子は特に、自分で納得できないと、動けません。
片づけるとは、何をすればよいのかがわかり、何のために片づけるのかが納得できれば、
驚くほどひとりでできるようになるのです。(本文より)

さまざまな企業の依頼や講演会など、「片づけのプロ(ライフオーガナイザー(R))」として活動し、小6・小2のふたりの男の子を育てている著者が、
今まさに実践している「男の子のやる気スイッチを押すテクニック」がわかる! 
2歳から12歳までの年齢別のアドバイスや、「モノ」だけでなく、「時間」や、「情報」、「お金」の片づけなど、
子どもにかかわる「暮らし」の片づけについて触れられているのも役立つ。

<実践テクニック例>
◆お願いは二択で
◆ワンアクション収納
◆よーいドン! と競争心をくすぐる
◆好きなキャラクターが伝えているように見せる
◆夢をかなえるための片づけ
◆「やることマグネット」で「時間」を片づける
◆夏休みの宿題は、シートで管理
◆ネットのルールは子どもと一緒に考える
◆おこづかいはお駄賃で上乗せ

<構成>
第1章 男の子あるある!? 朝のバタバタ問題
第2章 ひとりでできる片づけの基本
第3章 2歳~12歳 「年齢別」の片づけ
第4章 「時間」の片づけ
第5章 「情報」の片づけ
第6章 「お金」の片づけ

Amazonより引用

書かれてある内容は、ブログに書かれてあることの発展形。

記事数が多いのと、ブログにヒントが満載なので、まとめて読める本は便利だなと思いました。

片づけの本というより育児書です。

この本が、家事・片づけ関連コーナーにないと探しまくった方、中身をみて納得だと思います。

この本は、片づけの本というより、育児書です。

モンテッソーリという有名な幼児教育がありますよね。

モンテッソーリでも子どもが自分でできるように、環境を整えてしくみをつくることが大事と言われています。

参考 モンテッソーリ教育とは</p> <p>日本モンテッソーリ教育綜合研究所

この本は、しくみづくりについて詳しく書かれています。

こんな声かけが効果的とか。

中村さんがお子さんに仕掛けてうまくいったしくみが、たくさんあります。

読みやすい♪ 読み物としても、ビジュアルブックとしても

写真も多くて、字が大きくて読みやすいです。

うちの子は、カタログのように読んでいましたよ。

うわ、めっちゃきれい!2段ベッドがいい!

〇〇ちゃん、こんなんがいいな。ここで本読みたい。

2段ベッドは私はさぁ導入とはいかないけど、こどもとしょかんについては、母も同感!

私も小4男子の母ですから

私が特にありがたいなと思ったのは、「情報」の片づけ、「お金」の片づけについて。

うちの息子も小学4年生なので、そろそろ気を付けたいところでした。

コンピューターゲームという遊びひとつとっても、各家庭の付き合い方は違うもの。

いろんな先輩の話を聞いてみたいですよね!

 

あるある話、ちょっと笑えるエピソードも盛り込みつつ、中村家のルールが書かれてあります。

読んでいる側としては、「そんなのできない…!」とモヤモヤしてしまいがちですが、

  • どうやってこの方法に行きついたのか
  • この先はどうするのか

まで書かれているので、読者は「自分の家庭ではどうだろう」と考えることができるんですよね。

 

できることから、ひとつずつやっていこう!

わが家はガミガミをやめるしくみをもうちょっと…^^

ってことで、子どもに振り回されている感がある親御さんにおすすめの本ですよ。

コメントする

error: Content is protected !!