たけちゃん自身や活動に興味のある方、お仕事依頼はLINE友だち登録を

幸せな結末を毎日約束してみる

ポジティブ心理学の「ハーバードの人生を変える授業」という本のワークに取り組んで、もうすぐ1年。

毎週続けているのは、「感謝するワーク」です。

感謝するワークとは
「感謝をする人はよく眠れて、もっと運動をするようになり、体の不調も減る。」ということで「ちょっとしたことでもいいので、毎日、感謝できることを5つ書く」ワークです。

42週目の最後にやってみて良かったことがあったので、忘れないうちに書いておきます。

やってみて良かったこととは、「翌日の予定の確認」のときに、翌日のシーンを思い浮かべて、どうなっていたら幸せかを想像してみて、先に感謝のワークに書いておくことです。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

具体的にどうやったかというとこんな感じです。

私は前日の夜、翌日の訪問看護のことが気がかりでした。

新しく訪問することになった高齢女性です。
ご本人は訪問看護は必要と思われていなくて、周囲の勧めで訪問看護を週1回受けてみることになったケース。

つまり、訪問看護に対して心の準備ができていません。

「あー明日は〇〇さん、どんな感じかなぁ……」

ちょうど「感謝するワーク」の記録が開いたままだったので、少しだけ想像しました。
「〇〇さんと楽しくお話できたらいいな」と。

「明日の分も先取りして書いてしまおう」と思い「訪問看護いらない」と言ってた利用者さんと楽しい話ができたと「感謝するワーク」に書きました。

翌日の訪問中は、「会話を楽しもう」という気持ちで、〇〇さんと接しました。

〇〇さんは趣味の話をいきいきとされ、私は次回の訪問が楽しみになりました。

「ただおしゃべりしただけ」ではなく、利用者さんが家庭で生活するためには、いろんな人が関わって支援する体制の整備は欠かせません。関係性を築いて維持することが最重要とも言えるはずです。

利用者さんも「訪問看護悪くないかも」と思ってくださるように、楽しい時間が過ごせるようにしていきます。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

一度書いちゃえば、少しは頭に残っているようです。

日々感謝できること自体が幸せです。
また、感謝を忘れずに暮らすことで幸せを実感しています。

年始に目標設定したり、やりたいことリスト100を作ったりするのもいいなと思うんです。
でも毎日の行動の中に、幸せな結末を書いちゃえば、もっと夢と実現の距離が近づくのではないでしょうか

毎日の予定を確認するタイミングで、予定の結果をイメージして、ハッピーエンドを5つ書く。

「ハーバードの人生を変える授業」を読んでなくてもできるワークです。

あと10週「感謝する」ワークをInstagramに更新していきます。

趣味でやってる読書アカウント、よかったら見に来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください