【脳タイプ別】思考の整理ツール6選

忙しくなったり、やることが多くなったりすると、頭が混乱する……。

頭が混乱したら、頭にたまっていることを書き出す、スッキリします。

たけちゃん
たけちゃん

この記事では、考えることが好きな私が、2つの思考タイプ別におすすめする、思考整理のツールを6つ紹介しています。

文字や数字に強く、論理的に物事をとらえる理論タイプの人と、直感やイメージに敏感で、物事を感覚的にとらえる直感タイプの人に分けて、それぞれにおすすめのツールをとりあげます。

では、詳しく見ていきましょう。

理論タイプにおすすめの思考の整理ツール3つ

たけちゃん
たけちゃん

理論タイプの人は、見た目をそろえたほうがいいと感じることが多いようです。
それぞれの関連がわかりやすく並ぶこの3つのツールがおすすめです。

リストアップ

リストアップは、単なる箇条書き。
買い物リスト、TODOリストなど使いやすく、使いまわしもしやすいです。

ロジックツリー

ロジックツリーは、階層がわかれているものです。

目標達成するときに、逆算して行動を洗い出すときにも便利です。

MindMeister

MindMeisterは、オンライン型のマインドマッピングツールです。
手描きのマインドマップは自由に早く描けていいのですが、「キレイに描きたい!」という思いが強くて、うまくいかない人も理論タイプに多いです。
雑だとストレスになってしまう人には、文字だけで整えながら表現できるMindMeisterをおすすめしたいです。
私は、シンプルに課題の抽出などに役立てています。

MindMeisterだと、ロジックツリーのように上下に広がるスタイルにも変えられます。

直感タイプにおすすめの思考の整理ツール3つ

たけちゃん
たけちゃん

直感タイプの人は思いつくまま、イメージを絵にしたり、キーワードを並べると、スッキリします。

マインドマップ

マインドマップには、いろんな描き方があります。

柔軟に自分が描きやすいようにするのがおすすめです。

付箋に書く

キーワードを付箋に書く方法は、思いつくまま書き出せます。

そして後から俯瞰しつつ、並び替えて整理できるというメリットがあります。

何人かでアイデア出しをするときにも便利です。

コラージュ

コラージュは、好きなものを切り抜いたりして一枚の紙やボードに貼り付けたものです。

画像のインパクトで情報が目に飛び込んでくるし、大好きなものだと見るたびに気分があがります。

ビジョンボードやドリームマップという形で活用されることもあります。

たけちゃん
たけちゃん

私は直感タイプで、リストアップ・マインドマップ・付箋をよく使います。

大切なのは、自分の思考が整理されること

ここまで6つの思考の整理ツールをご紹介してきましたが、大切なのは思考の整理のしかたではなく、思考が整理される結果です。

自分に合うかどうか、という視点でも使ってみてほしいと思います。

また、書き出すよりも話すほうがかんたんという人もいます。

私も人に話したり、人の話を聞いてみたりすると、自分の思考が整理されていくのを感じることが多いです。

書いたものを声に出して、耳で聞くとまた違うものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

仕事の裏側も配信中です。
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録
仕事の裏側も配信中です。
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録