8/29(木)心斎橋で「書類整理の会:確定申告備える編」開催

超実践的アウトプット|訪問看護師 新人研修

私が勤めている訪問看護ステーションは、いろんな地域に事務所があります。研修は都市部に集まって行うとなると大変なので、インターネットでチャットを使ってます。

たけもと

回線トラブルはあるけど、疲労度が断然少なくて快適です

なので、この1週間は、訪問看護ステーションの事務所で研修を受けています。新人研修の講師は、本部役員や各地のベテラン訪問看護師です。

たけもと

自力で時間を見つけて一から勉強しないといけないと思ってたんで、ありがたいです

今回は、その研修中に感動したことを記録しておきます。

専門知識・技術を好まれるかたちに変えて、超実践的アウトプット

コレって、アレのことだ!

私が感動したことのひとつは、「コレって、アレことだ!」という気づきです。アハ・モーメント(なるほど!の瞬間)です。

課題が出ました。

訪問看護利用者さんが分かるように、人体の解剖生理を説明しなさいというものです。

たけもと

専門職の方、やってます?

ついつい専門用語を使ってしまったり、「わかるよね?」という思い込みで相手の理解を確認しないまま話を進めてしまったりしていませんか?

たけもと

自分がやってて実践できるのと、人が理解できるように説明するのは違うってことです

研修でこの課題の説明を聞いたときに、「コレって、アレことだ!」って思ったのが習慣化へのステップの話。

習慣化へのステップは、人に何かを伝えるときに役立つ

参考 「習慣化」する上での基本ステップライフハッカー|日本版

この記事は、『自分を変える習慣力 』(三浦将著、クロスメディア・パブリッシング)の本の内容紹介です。

これをさらに要約すると、習慣化の段階は

1
知らない
2
知っている
3
実践
4
できる
5
やっている
6
無意識でやっている

になるようです。

「モノだけちゃっちゃと片づけてほしい人は、ほかを当たってください」という記事で書いているセミナーで似た感じのことを聞いたので、感動したのでした。

知ってる人・できる人から教わるより、無意識レベルで習慣としてやってる人から教わったほうが納得できるんじゃないかなってことです。

たけもと

小難しい話を小難しく教えるのより、小・中学生にわかるように教えるほうが身についてるんじゃないかっていう話です。誰が聞いてもわかるから。池上彰さんの人気もそこだと思います
モノだけちゃっちゃと片づけてほしい人は、他を当たってください

いい話を聞いたら理解して、アウトプットすることが大事。言う・書く・誰かに伝える・実践するなど。

たけもと

では、課題頑張ります!呼吸器系を説明することになりました(汗

整理収納片づけの習慣化までフォローします

【募集中】実践ライフオーガナイズ

心身の事情で習慣化できないときもフォローします

個人のお客様ケア提供者依存 個人のお客様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!