看護とライフオーガナイズで環境整備

捨てるから始めないって言うけど、捨てないと片づかないんじゃないの?

こないだの「堺市立南老人福祉センターで片づけ講座でした」でちらっと話題にしていた話です。講座受講アンケートに頂戴したご意見について、この記事で回答します。

堺市立南老人福祉センターで片づけ講座でした

結局「捨てる」じゃないの?

当日の片づけ講座では、ライフオーガナイズをベースにした片づけをお伝えしました。「捨てるから始めない片づけ」です。その違和感を率直に書いてくださった方がいらっしゃいました。

捨てるから始めないとは言っても、結局捨てないと片づかないと思います。

講座受講アンケートのご意見より

私の考え

全てのケースで、捨てなければ片づかないわけではありません。ただ、捨てなければ片づかないケースもあります。捨てないと片づかないかもしれないし、捨てなくても片づくかもしれません。そして、たとえ捨てても、片づいた状態が維持できないかもしれません。

「捨てるから始めない片づけ」とは

第1段階は「捨てるから始めない」で別の行動をします

頭の中の整理の図

ライフオーガナイズは片づけ作業の前に、頭の中を整理するのがスタンダードな流れです。頭の中の整理というのは、

  • 理想と現状を明確にする
  • 自分を知る
  • 計画を立てる

というようなことを含みます。

こういうことをしてから片づけ作業を始めると、時間はかかりますが、ブレずに作業を進めることができ、リバウンドもしにくいです(当然ですが、日々の後片づけができないと散らかります)。

第2段階でも「捨てるから始めない」で、ちょっと横に置いておきます

片づけ作業の初め、「分ける・選ぶ」をします。このとき大量のものを、「要る」「要らない」で分けると大変なんです。捨てるのが苦手な人は、捨てたくないあまりにだいたいのものを「要る」って分別しちゃうんです。「要る」ものは捨てなくていいって思っちゃうんです。

だから、「捨てる」「捨てない」は無視して、種類別・グループ別・人別で分けたり、お役立ち度・お気に入り度なんかで分けたりします(人によって異なります)。

まだ捨てない

「整理」というのは、「要不要を分けて不要なものを処分すること」なんですが、不要なものでもごみとして捨てない方法もあります。

メモ
  • 不要:要らないもの(まだ使えるものも含む)
  • 不用:使わない・役に立たないもの(もう使えないもの)

「不要なものは捨てましょう。辛いけどこの経験を活かして、これからは買い物に気を付けましょう」と言うような片づけの専門家もいます。この方法は、二度と同じようなものを仕入れないことに有効だと思います。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2018/10/竹本.png
たけもと

私は「不要なものは手放し、誰にとっても不用なものは潔く捨てよう」と思っています。
でも、私のものじゃないのに、「捨てましょう!」とは言いません。明らかにごみなら 「捨てましょう」って言うけど。

私とほかの人は違うから、ものとの付き合い方も違うから、「それ要らんって!」「使わへんって!」なんて言いません。自分と他者も分けなくちゃ。捨てることを推進している片づけの専門家のほうが、うまくいく場合もあります。お客様に合うか合わないかという話。

捨てる

それに不要なものには、使えるものはたくさんあります。そういうものは、リサイクルショップで売ったり、必要としている人に譲ってもいいと思っています。ものを使いきったり、処理しなければならないごみを減らす手段として、再使用・再利用できるのに、それを検討しないのはモッタイナイと思います。

だから私は、リサイクルショップやフリマアプリで売買しています。無料と有料じゃ手に入れるまでのハードルが違います。買うときは、多少は吟味するんじゃないかと想像して私は不要品を売ります。

そういうのは「捨てる」じゃなくて、「手放して活かす」だと思います。「ごみとして捨てる」のも含めて、多くのライフオーガナイザーは「手放す」と表現しています。

捨てるから始めたほうがいいケースもあるかも

捨てなければならないものは、ゴミが多いケースです。資源として活用もできない不用品が多いケースです。汚部屋・ゴミ屋敷と言われる空間です。明らかにゴミが多すぎるときは、当然捨てなければ片づきません。

慢性的に片づけられない人のオーガナイズを手伝うときには、思い入れが弱いものから捨てるとよいという話も聞きます。

参考 ヒカキンのゴミ屋敷動画を見て勝手に片付けプランを考えてみた。<br /> かたづけーる.com
https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2018/10/竹本.png
たけもと

あ、でも、↑このケースも「人別にモノを分ける」から始めてますね……

とにかく、ごみはごみ箱に。

もう一度、結論

散らかった部屋
この部屋には要らないものが多いのでしょうか?

全てのケースで、捨てなければ片づかないわけではありません。

ただ、捨てなければ片づかないケースもあります。その空間を占めるものがゴミや不用品など、捨てる以外に手放し方がないものなら、最終的にはそれらを捨てないと片づきません。

そして、思い切ってものを捨てたとしても、後片づけをしなければ空間は散らかります。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2018/10/竹本.png
たけもと

次回に「捨てるから始めない片づけ」のテーマで講座をするときには、この辺も含めてお伝えできるといいなと思いました。アンケートにご記入くださった方、貴重なご意見ありがとうございました!

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2018/10/竹本.png
たけもと

捨てるから始めない片づけを学ぶなら、こちらまで!
お申し込みが2019年5月28日12:00まで、参加費の事前振込が同日15:00までです。

プロの片づけ疑似体験 | 2019チャリティイベント大阪会場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!