10/19(金) 堺市堺区でママ活マルシェに出展します
10/25(木)仕事の書類整理術セミナー

子どもの急病に対応できる家。散らかりとこだわりを手離す。

うちの息子、溶連菌性咽頭炎でした。

生活する意欲を「片づけ」で支える 看護師×片づけのプロ 竹本ひろこです。

溶連菌性咽頭炎
  • 溶連菌という細菌がのどに感染して、のどの痛み、熱、体や手足の発疹、舌がイチゴ様になります。
  • のどの粘膜を綿棒でこすり、細菌検査で溶連菌が確認されたら、抗菌薬(ペニシリン系)を10日間内服。
  • リウマチ熱(関節や心臓の病気)・腎炎を起こすことがあるので、抗菌薬の内服を守ることが大切。
  • 診断から2~4週間後に尿検査をして、合併症の腎炎になっていないかチェックします。
  • 溶連菌に効果のある抗生物質の内服開始から24時間経過したら(指示通り内服していたら)、
    他者へ感染しないので、医師の許可があれば、登園可能になります。
参考 こどもに多いのどの病気 溶連菌感染症のおはなしシオノギ製薬

登校許可証をもらうなら、今日の昼食後。

今日は土曜で、午前診で終わるクリニックがほとんど。

どうしようかな、と思案中です。

 

さて、普段は寝室でフローリングで布団を敷いて、母子3人寝ていますが、

今回は、リビングと、リビング横の和室で寝ました。

 

息子が高熱・嘔吐した一昨日、

「今回の病気、娘にうつしたくないし、早朝はブログ書いたりするから、息子の嘔吐に対応しにくいな」

と思ったのです。

 

ある程度、散らかりを抑えられると、臨機応変に対応できます。

こだわりも、ある程度手普段、余白・集うスペースとして、空けているリビング。

普段、子どもの勉強・遊びのスペースとして使っているリビング横の和室。

入居当時の写真発見。このあと物干しざおを振り切って、ふすまをへこませてしまいます。

 

この部屋に、じかに布団を敷いて、感染リスクがあるけど、寂しがりの人を寝かせたほうが、うちの場合はうまくいく。

(賛否両論あるでしょうね…マスクや換気は心がけています)

 

おかげさまで、息子の体調も快方に向かい、今夜は寝室で眠れそうです。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!