2019年1月20日(木)仕事の書類整理術セミナー@心斎橋

ときめく魔法で片づけられるのか?私の失敗談

 

生活する意欲を「片づけ」で支える 看護師×片づけのプロ 竹本ひろこです。

世界的ベストセラーの『こんまりさん』こと近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」ですが、実践してみて失敗した私の体験談です。

created by Rinker
¥980 (2018/12/12 09:34:31時点 Amazon調べ-詳細)

こんな失敗する人が、私だけじゃなさそうな気がしてきたので、書いてみました。

どなたかのご参考になれば。

こんまり流「ときめく片づけ」の失敗談

ときめく片づけの魔法との出会い

私は30年ほど片づけが苦手で生きてきました。

子どもが生まれて、どうにかしないといけないと奮闘しました。

私がライフオーガナイザー®になったきっかけという記事は、私の奮闘記です。

当時流行り始めたのが、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」です。

created by Rinker
¥980 (2018/12/12 09:34:31時点 Amazon調べ-詳細)

5年以上前ですが、私も読みました。

そして、『洋服祭り』をしました。

でも失敗したなって思いました。

片づけには二種類あります。「日常の片づけ」と「祭りの片づけ」です。

近藤麻理恵著「人生がときめく片づけの魔法」P.46より引用

成功と失敗

『洋服祭り』では、好きか・気に入ってるか・また着たいと思うか、そういう基準で要る・要らないを分けて、20点以上の服を処分しました。

「いつの時代の人でしょうか?」という服も、全く着る機会のない服も、「高かったから」といって保管していました。

『洋服祭り』のおかげで、クローゼットに収まりきらなかった、もう着ない服とすっぱり別れられました。

まとめてリサイクルショップにもっていって、すごい安値で引き取られました。

 

すごい安値が失敗なのではありません。

何が失敗だったかというと、必要な服も処分してしまったということ。

処分した服のうち、セットアップのノースリーブは、「めっちゃ気に入ってるわけではないけど、使える服」でした。

失敗の原因をよく考えてみると

触った瞬間に「ときめき」を感じるかどうかで判断する

近藤麻理恵著「人生がときめく片づけの魔法」P.59より引用

私は触った、「ときめく」を「好き・好きじゃない」だけで判断していました。

 

「私にとってのときめき」

今となっては、機能的かどうかという基準も私にとっては、重要だったんだとわかります。

やみくもにモノを減らすことは、幸せにつながるとは到底思えません。

自分の判断基準をつくることが大切なんですね。

 

本には、この前の説にこうあります。

モノを捨てる前に「理想の暮らし」を考える

近藤麻理恵著「人生がときめく片づけの魔法」P.54より引用

たけもと

私、理想の暮らしを考えてませんでした……

失敗の原因、それなんじゃないの?

 

当時の私は、「モノが多いから片づけられない、とりあえずモノを減らさないと!」

そんなふうに考えていました。

たけもと

もっと自分の暮らしのことをイメージできていたらな…と思います

「理想の暮らし」を考える

「理想の暮らしを考える」とか、面倒くさくてイヤだったりしません?

ですが、この考える・イメージする作業をせずに、整理作業を始めると、『祭りの片づけ』で失敗した私のようになる可能性が…。

そして、「なかなか整理しきれない」という壁にぶち当たるかもしれません。

整理しているうちにみつかることもあると思いますが、最初に自分の重要な基準・価値観は決めておくと整理がはかどります。

おわりに

ライフオーガナイズの片づけでは、自分の価値観は最初に明らかにします。

自分に無理のない、自分らしさを大切にすることで、リバウンドを防ぎます。

自分が「ときめく」基準をみつける作業です。

片づけサポートの初回訪問でじっくりと明らかにしていきます。

 

ゆる~く体験してみたい方は、どうぞ泉北まるしぇの片づけ相談までお越しください。

¥500/30分という破格です。ご予約優先です。

12月3日(月) 泉北まるしぇ に出展します

コメントする

error: Content is protected !!