書類整理術セミナー3/25(月)残席5
SOHOビジネス整理術認定講座(基礎編)3/27(水)残席3

増え続ける写真の整理、おすすめの方法は?

子どもの成長記録、旅先の思い出、イベントの記念に…。

写真はそのときの情景を切り取れる便利なツールです。

たくさん、スマホやPCにため込んでいませんか?

生活する意欲を「片づけ」で支える 看護師×片づけのプロ 竹本ひろこです。

今回は、ライフオーガナイズ的整理を提案しようと思います。

そもそも何のための写真?

写真を整理する目的ってなんでしょうか?

写真整理、アルバムを作ることが目的になってませんか?

写真を整理して何がしたいの?

写真を整理したり、アルバムを作ったりした後、どうしたいのかを考えてみましょう。

家族や友人と写真を見返して、話のネタにするのも楽しいですよね。

辛いことがあったときに昔の写真を見ると、気持ちを整えることもできるかもしれません。

なぜ写真を撮るの?

また、なぜ写真を撮ってるのか、その時の自分の気持ちを思い出してみましょう。

写真を撮ることがただただ楽しい、カメラ好きだったり、なんとなくその場の流れで撮ってみただけだったり。

写真や撮影することの思い入れや温度差ってあると思うんですよね。

そういうところに気づくと、写真に対する自分の価値観がはっきりするんじゃないかなと思います。

 

あと、写真って自分以外の人も写っているから、なかなか捨てられないっていう人もいるはず。

たけもと

でも、そんなの気にしなくていいですよ

家族や友人と写真を見返したい人が取っておいてくれるでしょう。

私の写真整理・アルバム作成の目的

私はこんな経緯で写真を整理して、アルバムを作っています。

  • 何も考えず当たり前のようにアルバムを作ってみたら、家族でアルバムを見返すのが楽しかった。
  • 写真に残っていると、見返すから思い出しやすい。
  • これからも、アルバムを作って、楽しみたい。

家族で楽しい思い出を見返すためにアルバムを作っています。

仕事の写真はひたすらクラウド管理しています。

参考 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかるGoogleフォト

写真を整理してアルバムを作る、自分の目的が定まったら、写真を整理します。

写真を整理

20年ほど前は、写真というと現像しないと見れませんでしたね。

今では、記録媒体もさまざま。

スマホ、アプリ、SDカードなどのメディア、PCのフォルダ、フォトクラウドなど、いろんなところに写真がありませんか?

写真データは、ひとつの場所で管理するのが簡単です。

PCかクラウド(クラウドアプリ)で統括するのが簡単ではないでしょうか。

そのとき、残したい写真だけアップロードするか、全ての写真をアップロードしてから整理するかしましょう。

写真アルバムを作る?フォトブックを作る?

目的に合った方を選びたいですが、私のように「家族で楽しむ」だけなら、どっちがいいのかわかりませんよね。

そんなときは、自分が続けられる方法を選ぶといいと思います。

それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

写真アルバムとフォトブックのメリットとデメリット

  メリット デメリット
写真アルバム

あとからレイアウトを変えられる

収納がかさばる

フォトブック

コンパクト

雑誌のように見れる

部数を増やすのが容易

サービス終了の可能性がある

写真を選んで登録する作業が必要

たけもと

わかったような、わからないような…。

そんなところで、写真整理の例を4つご紹介します。

わが家の例:写真アルバム

息子のアルバムは昔ながらのこちらです。

台紙を増やしてパンパンになっています。

娘が生まれてからの分は、OURHOMEのEmiさんの方法で整理しています。

Emiさんは、ナカバヤシとコラボ商品も開発されていますね。

この商品は見開き12枚の写真ポケットがあります。

見開きが1ヶ月分です。

最初のポケットにマンスリーカードを入れます。

残りの11ポケットには厳選した写真を入れています。

手塚千聡さんの例:写真アルバム

手塚千聡さんは、1ヶ月8枚に厳選して、1ヶ月1ページ、1年で1冊というふうに整理しています。

たけもと

この写真プリントいい!

詳しくは、こちらをご覧くださいね。

参考 「Googleフォト」と「ALBUS(アルバス)」で実現!ズボラさんでも撮りっぱなしにならない写真管理法片づけ収納ドットコム

秋山陽子さんの例:フォトブック

秋山陽子さんは、子どもの作品を写真に撮って、それをフォトブックにされています。

子どもの作品を見るとき、うちの場合だと押入れの天袋から出して広げて…とけっこうな労力です。

フォトブックにすることで、省スペースだけでなく、見やすさもUPするのですね。

たけもと

作品の「分解」が面白い!

詳しくはこちらで。

参考 「子ども作品集」をフォトブックで作りますLIMIA

かのえつこさん:フォトブック

フォトブックを作るときに、面倒だなと思われるのが、「写真を選んで登録する作業」です。

かのえつこさんのブログで、その作業の時短術を発見しました。

たけもと

ここまでサクサクできちゃうと、写真アルバムのほうが手間暇かかるものかもしれません…
参考 フォトブック作りの時短術。サクサク写真整理♪ 3つのポイント!進め方!パティシエ×ライフオーガナイザー® アトリエプリュ+ かのえつこ

私の写真撮影から写真整理まで

1
写真撮影
私は主にスマホで撮影しています。
2
カメラロールを整理
  スマホのカメラロール内で、必要な写真だけ残すようにしています。
スマホにGoogleフォトを入れて、カメラロールと連携させていましたが、大量の失敗写真もクラウドに保管されて困っていました。
そこで、連携を中止しました。
3
Googleフォトにアルバムを作る
すでに作ってありますが、プライベートと仕事用を分けています。
4
印刷
プライベートの写真だけ印刷しています。

ちなみにうちには、フォトスタジオで撮影して購入したフォトブックもあります。

たけもと

見返して楽しむのが目的だから、それを全うできればいいんです

おわりに

写真の整理収納は、どんな方法をとるにしても、自分が続けられるパターンを見つけるのがカギです。

たけもと

どのタイミングで、どのように行動するかを決めておくと楽ですよ!

 

ちなみにその考え方は、「仕事の書類整理術セミナー」の終盤でも出てきます。

家でも会社でもすぐに見つかる!「仕事の書類整理術セミナー」

たけもと

次回は、2019年1月24日(木)開催です

コメントする

error: Content is protected !!