【訪問・講座】年内はリピーター様、2020年からのご新規様の予約受付中!≫

【片づけ大賞2019】コンテストまとめレポート

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

9月7日(土)品川のきゅりあんホールで開催された『片づけ大賞2019』に行ってきました!!

この記事は、
「片づけ大賞ってなに?」
「片づけ大賞に行ってみたいけど、行ったことがないから不安」
と思っている人のためのイベントレポートです。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

片づけ大賞にご興味のある方は、ぜひご覧ください!

片づけられない問題を解消したい!

今や、モノや情報の流通が発達し、豊かというより過剰で氾濫しています。
なので、不要なものを捨てて、使ったものを決まった場所に戻すという一連の行動がとっても難しくなっているんです。

小学校の家庭科で片づけを学ぶようになりました。
自己流で片づけられないのも、もはや当たり前。
片づけられない人がどんどん増えています。

片づけられない問題を解消するためのひとつの取り組みとして、

  • 片づけ整理収納のプロをもっと増やそう
  • 片づけのプロのことをもっと知ってもらおう

ということを目指しているのが、今回紹介する「片づけ大賞」というコンテストです。

片づけ大賞とは

個人・法人問わず片づけのプロが、自身のもつ高いスキルと志により、多くのクライアントからいただけた笑顔の理由を共有すること、そして「暮らしや人生に好影響を与えた度合い」を基準とし、独自の工夫や片づけ業界への貢献を称え合う場として、この仕事の意義や社会における役割、 必要性を再認識し、さらに邁進していくための原動力となるような式典を目指しています。またこの式典が 5 年、10 年と継続して行われることが、業界の発展につながり、多くの片づけられない人に希望を与えるとともに、日本人の幸福度の向上に寄与できることと確信しています。

「片づけ大賞とは」片づけ大賞公式ホームページより
https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん
  • 片づけに興味のある人が、プロの仕事を知ることができる。
  • 片づけのプロが、自分の事例やほかのプロのプレゼンテーションを通して、仕事のブラッシュアップができる

というイベントなんです。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

2019年は9月7日(土)に
きゅりあんホール(東京都品川区立総合区民会館)で開催されました。

片づけ業界の重鎮が主催しているイベント

日本片づけ整理収納協議会(JCO)という団体が主催しています。
代表理事は、コジマジックこと小島弘章さん(日本収納検定協会)、髙原真由美さん(日本ライフオーガナイザー協会)、 澤一良さん(ハウスキーピング協会) です。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

JCO会員の飯田久恵さんや小松易さんに会えるかも?
片づけのプロなら、一度は行っておきたいイベントです!

片づけ大賞2019までの歩み

これを機に、片づけたい、から片づけよう(時には何かの力を借りて)と決心する方が一人でもいらっしゃるといいなと思います。http://suteru-happy.cos.ciao.jp/?eid=1282725「片づけたくなるで賞」にひとりわくわく。

東條 真紀さんの投稿 2014年6月3日火曜日
  • 2014年から毎年開催されていて、当初は日本ライフオーガナイザー協会が主催していました。
    日本ライフオーガナイザー協会は「ライフオーガナイザー」という片づけのプロを職業として確立させるための団体なんでが、ライフオーガナイザーに限らず、「片づけのプロ」の社会的価値を知ってもらうために片づけ大賞を開催し続けています。
  • 2015年にはこども部門ができました。
    片づけの必要性・有用性がどんどん注目され、学校教育でも取り入れられている片づけ。
    夏休みの自由研究として取り組んでもらい、発表の場としました。
  • 2018年には、片づけ整理収納関連の仕事を発展させようという団体、日本片づけ整理収納協議会(JCO)が設立され、2018年夏からJCOが開催しています。
    片づけ大賞はさらに多くの方に知られるようになり、ますます参加しやすいイベントになりました!
https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

私は大阪開催の2017年にも参加したことがあって、当時は一般の人よりも片づけのプロのほうが断然多かった印象です。
2019年は、もちろん片づけのプロは多いんですが、「プロじゃないけど興味あるよ」「友人知人を応援しに来たよ」っていう人の盛り上がりが目立っていました。

なぜ片づけ大賞に参加するの?メリットは?

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

私が片づけ大賞に参加した理由をリストアップしてみました

  • プロの現場の様子が分かる
    テレビでカットされない、プロ自身による片づけ現場のプレゼン!
    ブログに書ききれない情報満載で勉強になる。
  • クライアントの様子が分かる
    基本的にクライアントさんもプレゼンに登壇されます。
    打ち合わせ等あるでしょうけど、生の声が聴ける!
  • こどもの斬新でユニークな思考に触れられる
    2015年から始まったこども部門。2017年のグランプリには泣きました。
  • 企画ものが楽しい
    2019年は暮らしニスタとコラボして、暮らしニスタ内のコンテスト応募投稿から受賞者が決まりました。
  • コジマジックさんが面白い
    さすが芸人さんです。いちいち面白くなる。
  • 小松易さんの片づけ愛がすごい
    小松さんの総評で気持ちよく締まるイベント。
  • プロ部門の投票に参加できる
    「この人良かった!」と思うプロに投票できて、より参加してる感じがします。
  • 普段会えない片づけのプロに会える
    インカムつけた渡辺奈都子さんがイベントスタッフとして活躍していたりする。
  • 仲間を応援しに行く
    ヤマモトアキコさん、金子利佳さん、萩美規子さんはライフオーガナイザーなので、応援したい気持ちは当然あります。
    ほかのファイナリストも、同じ片づけを提供しているプロだから、「応援することでこの業界盛り上げていきたい」「このイベントに参加する人が増えたらもっと片づけに関心を持つ人が増える」という思いがあります。

時系列で追ってみる 片づけ大賞式典の様子

12:15~
会場入り
片づけ大賞2019竹本ひろこ
2019年は品川のきゅりあんホールで開催。(JR大井町駅すぐ
開会までに時間があれば、会場のそうそうたる顔ぶれを拝んだり、お久しぶりの人とおしゃべりするのもいいです。
私は朝から新幹線でしたので、到着後まずは隣のスタバでパパっとランチ。
会場では、日本ライフオーガナイザー協会副理事のおふたりとご一緒するというレアな経験をしました!
(吉本とも子理事が写真を撮ってくれちゃったりなんかして。)
13:00~
開会あいさつ
日本ライフオーガナイザー協会代表理事の高原真由美さんマイクにぶつかるハプニングで、笑いからの幕開けでした。
式典の数日前が、故・ジャニー喜多川さんのお別れ会で、ジャニーさんの信念”Show must go on(SMGO)”について語られていました。[何があってもショーは続けなければならない]という意味。
ですが、そんな話も頭になかなか入りません……(笑)
13:10~
こども部門受賞者の発表・表彰

こども部門の発表は、大人の手練れた感じもなく、心にすっと入ってきます。
会場みんなほっこり。
大人になって忘れてた思考や感情を思い出させてくれるというか、新事実を知って得した気分です。
≫詳しくはこちら『片づけ大賞 こども部門のレポート』
13:55~
プロ部門ファイナリストのプレゼンテーション
片づけ大賞のメインはやはりプロ部門。
片づけの仕事はお客様の暮らしや人生を回復させたり、よりよくしたり。
やはり社会に貢献していると実感し、モチベーションが上がりました。
≫詳しくはこちら『片づけ大賞 プロ部門のレポート』
15:40
参加者による投票
片づけ大賞2019竹本ひろこ
プロ部門では、審査員の採点と会場参加者の投票によってグランプリ受賞者が決定されます。
STEP.5
一般部門受賞者の事例発表・表彰
2018年はESSEで募集された一般部門でしたが、2019年は暮らしニスタが全面協力です。
受賞事例は、司会者さんがそれぞれ、インタビュー形式で紹介されていました。
受賞者3名のみなさん、自由に楽しみながら生活空間を工夫されていて、DIYやインテリアに尻込みしていた過去の自分に見せてあげたかったです。
≫詳しくはこちら『片づけ大賞 一般部門のレポート』
STEP.5
プロ部門グランプリ発表・表彰

STEP.5
閉会あいさつ

審査員長の小松易さんの総評。プロ部門ファイナリスト一人一人のプレゼンへもコメントされます。
私は2度目の参加ですが、小松さんの片づけへの愛、片づけのプロへの愛がひしひしと感じられて、「この場に入れて良かった!」と清々しい気持ちになる時間です。
「KMGO:片づけもショーと同じく、片づけ続けなければならない」と話されていました。
https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

式典の後には、懇親会もあります。
(私は大阪にとんぼ返りでしたが金子利佳さんの記事を見るとすごく楽しそう!)

片づけ大賞に参加して、リアルな現場や裏話も聞いてみませんか?

高校野球のように、片づけの甲子園的な位置づけの片づけ大賞
いろんなドラマがあるコンテストです。

私が片づけ大賞に参加したい本当の理由は、人の話を見聞きして感動したい、明日への活力にしたいという欲求だったのかなと思います。

私は片づけ大賞に参加して、自分の頭の中を整理しなおしました。
そして今後の事業に活かすために、今回イベントレポートを書きました。

「自分がやってる片づけ、家族のためになってるのかな?」
「ほかのプロはどうしてるんだろう?」

私のように頭の片隅でモヤモヤしてるなら、片づけ大賞でいろんな片づけのカタチを知るのはおすすめです。
ご自身が毎日触れているのとは別の世界に出かけてみると、視野が広がり、悩み事の解決方法がすんなり見つかるかもしれません。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

各部門の内容詳細も別記事でレポートしています。
≫こども部門
≫プロ部門
≫一般部門(暮らしニスタさん)
ぜひチェックしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です