2/23(土)「仕事の書類整理術セミナー」 開催決定

一時保管した「迷うもの」を管理する3つのコツ

生活する意欲を「片づけ」で支える 看護師×片づけのプロ 竹本ひろこです。

前回の「生前整理は誰のため? 」という記事で、必要なもの・不要なもの・迷うものに分けて整理するところまで書いていました。

生前整理は誰のため?

今回は、「迷うもの」として一時保管したものを管理するコツについてご紹介します。

一時保管した「迷うもの」を管理するコツ3つ

①ラベルをつける

私は忘れっぽいので断言します。人の記憶ってあてになりません。時間がたてば忘れてしまいます。

「迷うもの」としたのはいいけど、中身を忘れてしまったら、また中身を開けてみないといけません。時間と労力のムダです。ちょっと面倒でも、整理したらラベルを貼っておきましょう。

似たようなラベルは100円ショップで売っていますし、家にあるガムテープに油性マジックで書くだけでも効果抜群です。ラベルを付けることを「ラベリング」と言いますが、自分だけでなく、ほかの人がみてもわかりますから親切ですよね。

②収納する

生活空間には、よく使うものだけを置くと、日常生活がスムーズです。迷うものは、「いつか使うかもしれないけど今は使わないもの」だったりします。今使うものだけを身の回りにおき、そうでないものは収納スペースで保管しましょう。

「好きだけど使わないもの」は飾って目につくところに置くと、活気が出ます。ごちゃごちゃするのが好きでないなら、大切に収納しましょう。

押入れやクロゼットに保管するときは、使用頻度で配置すると体に負担がありません。

MEMO
  • よく使うものは上段に。手を伸ばせば出し入れできます。
  • 重いものやあまり使わないものは下段へ。しゃがめば取り出せます。
  • 1年に1回使うかどうかというものは天袋や枕棚へ。出し入れには脚立やほかの人の助けが必要です。
  • 奥より手前のほうが取り出しやすいです。
  • 中央より端のほうが、扉を開けてすぐに取り出せます。

③見直す

捨てられない「迷うもの」ばかりでおうちが窮屈にならないように、「迷うもの」を見直すのはとっても大事です。まず、見直す日を決めましょう。その日がきたら見直します。

日がたてば、ものに対する思いが変わっているかもしれません。不要だと思ったり、やっぱり必要だと感じたり。そのときに迷ったら、そのまま「迷うもの」に戻して見直す日を決めることを繰り返します。

おわりに

なんでもかんでも捨てなくてもいいんです。

でも、なんでもかんでも「迷うもの」にすると、「迷うもの」が多すぎて見直しが負担になることもありますよね。そんなときは「迷うもの」を一気に見直さず、日を分けて見直しましょう。

判断を繰り返すことで、だんだん整理のスピードが上がってきます。

たけもと

ご自分の人生のために整理しておきましょう!
看護師による整理収納サポート 【募集中】実践ライフオーガナイズ

コメントする

error: Content is protected !!