書類整理術セミナー3/25(月)残席5
SOHOビジネス整理術認定講座(基礎編)3/27(水)残席3

整理収納に凝る人がやりがちな5つの失敗(経験済み)

たけもと

長年片づけられない女でした!

生活する意欲を「片づけ」で支える 看護師×片づけのプロ 竹本ひろこです。

長年片づけられなかった私は、ライフオーガナイズという私に合った片づけ術を習得してライフオーガナイザーになるまでに、いろんな方法で整理収納を実践してきました。実践してはリバウンド。

その中で失敗したことは、多くの人が陥りがちなことだと思ってこの記事を書きました。

整理収納に凝る人がやりがちな5つの失敗とは

1.とりあえず捨ててみる

要らないものを捨てるところから始めると、捨てるのが苦手な人はたいていのものはとっておきたいので、要ると判断しがちです。また、迷ってとっても時間がかかります。

たけもと

後で後悔したり、ね…
ときめく魔法で片づけられるのか?私の失敗談

こんまりさんの「全捨て」なんて言葉、衝撃的でしたよね。

2.とりあえず収納アイテムを買いに走る

整理収納には順序があります。雑誌やブログを見ていると、素敵なインテリアと収納グッズが載っているので、「これさえあれば片づきそう!」と期待します。

実際は収納アイテムが増えて生活空間がせまくなったり、収納アイテムを使いこなせず何とか使いこなそうとやっきになったりで本末転倒の事態に。

たけもと

使いこなせない収納アイテムを手放す負担もありました

3.家具やものの配置や収納方法を変えまくる

「動線が悪かったんだ」「こうやればうまくいくかも?」と何度も何度も配置や収納方法を変えていませんか?

家族からは「アレ、どこ?」「またレイアウト変えたの?!(せっかく置き場所覚えたのに!)」という声が……。

たけもと

夫からクレーム経験あり

4.ほかの人のものを勝手に動かす

「まだこんなもの取っておいて!」「要らないに決まってる」「これはここに置くべき」という思いで、自分以外の人のものを勝手に捨ててしまったり、位置を変えたりしていませんか?

元の場所に戻すだけならありがたがられるかもしれませんが、自分のものをほかの人に勝手に触られるのって、気分の良いものではありません。人間関係の悪化にもつながります。

たけもと

実母にやらかした経験あり

5.ほかの人に強制する

「タオルはこうやって畳んで」「手前のから取り出して、奥にしまって」なんていうのを、ほかの人に強制していませんか?

整理収納片づけは、生活を快適にするための手段です。その手段の不満度が高ければ、本末転倒です。

たけもと

ライフオーガナイザー2級講座で「ほかの人は自分とは同じようにできないんだ・やりたくないんだ」とわかりました

失敗しないためする3つの行動

1.「捨てる」から始めない

自分の大切なものの基準を決めるところから始めると、それに見合うかどうかで分けることができます。

たけもと

「分かる」&「分ける」から始めましょう。「捨てるから始めない」はライフオーガナイズ

2.整理収納の順序をまもる

効率よく整えるには、①整理、②収納、③片づけの順で行動するのが鉄則です。

①整理

ものを分けて、不用品を取り除くこと

②収納

ものを定位置に配置すること

③片づけ

使ったものを定位置に戻すこと

たけもと

収納アイテムは、整理して仮の収納で毎日の片づけを体験してから導入するのがおすすめです

3.ほかの人の意見を聞く

自分のスペースは、自己完結で自己満足でもいいと思いますが、共有スペースは共有。自分だけが使うんじゃありませんよね。

「家事を手伝ってほしい」「夫や子どもに自分で片づけてほしい」ならその人の意見を取り入れて、いいところで手を打ちましょう。

たけもと

タオルの畳み方は、私がいいと思った方法から夫が慣れた畳み方に変えました。その結果、みんなが維持しやすくなりました。「家族の快適」はどこなのか見直しましょう!

おわりに

たけもと

私は「片づけてる途中にものを買って増やす」ということはなかったけど、これもよくある話ですね~

ものでなく人にフォーカスしたライフオーガナイズなら、自分だけのゴールまで伴走できますよ。

全国の講座やライフオーガナイザーはこちらから。

大阪府の方はぜひぜひ。

看護師による整理収納サポート 【募集中】実践ライフオーガナイズ

コメントする

error: Content is protected !!