2019年1月20日(木)仕事の書類整理術セミナー@心斎橋

部屋が影響する?暮らしの質とは

生活する意欲を「片づけ」で支える 看護師×片づけのプロ 竹本ひろこです。

部屋が散らかっていることで、暮らしの質を下げてしまっていることがあります。

 

たとえば、「ゴミ屋敷」と言われるケース。

明らかなゴミや不要品が、生活スペースを占拠しているような場合は、健康とは言えない状況です。

 

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.
健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあること。

―世界保健機関憲章前文より―

 

そして、以前の私。

  • 片づけないから、探しもの、なくしもの、忘れものが多い。
  • 時間の管理が下手で、遅刻しがち。
  • 何かに没頭するタイプで、やりっぱなしのことが多い。
  • 苦手なことは、後回しにしていることが多い。
  • 自分のことより、他の人の世話をやく。

 

これも暮らしの質を下げてしまっています。

この先、大きなストレスが自分自身に降りかかって、片づけられない状態になってしまうことだって、あります。

 

もし片づけられないことが原因で、いろんな問題があるのでしたら、ぜひご相談くださいね。

ちょっとの工夫で、抜群に暮らしやすくなる、なんてことがありますよ。

コメントする

error: Content is protected !!