何からはじめる?医療介護施設の5S-学んだこと実践できていますか?

いつだって体が資本。

そう思います。

 

 

片づけのプロ×看護師 竹本ひろこです。

 

医療介護職の皆さん、環境整備の研修に参加した経験はありますか?

 

環境整備が大事だってことはわかってるんだけど、結局なにをどうしたらいいのかわからなくて、ただ話を聞いただけで終わっていませんか?

 

 

実践してこその学び:5S活動とは

 

医療介護現場でなく、集団で活動するスペースの環境整備で大切な「5S活動」とは、こういうことでした。

 

5S活動とは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の頭文字のSをとったもの。 

 

整理▶不要な物を取り除くこと

整頓▶乱れたものを整えること

清掃▶掃除と保守点検

清潔▶衛生・美観を保つこと

しつけ▶上の4つの習慣づけ

 

 

何したらいいの?

 

「それは、それぞれの職場で決めましょう。」

と言いたいところですが、

 

きっかけとして、はじめやすいところをご提案します。

 

 チームだけにできるところ 

共有スペースがそうです。

  1. みんなが困っているところ
  2. みんながよく使うところ
  3. よく触るところ・目につくところ

の順に取り組むといいと思います。

 

 個人だけにできるところ 

まずは、ひとりひとりが、必要性や効果を実感しやすいように、個人専用のスペース。

自分のレターケース、ファイル、ロッカーがおすすめです。

デスクもお勧めですが、デスクがある人は、まずファイル1つから、整理しましょう。

 

これらは、整理整頓する行為が、他の人の目につきやすいので、啓発にもなります。

 

 

 

5S活動に順番はあるのか?

 

「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」 

 

この文字の並びで、整理整頓してから清掃をするという順番。

そこは意識しなくてもいいと思います。

 

確かに整理整頓してからのほうが、清掃しやすいです。

ただ、医療介護施設を利用している方は、抵抗力の弱い人がほとんどです。

なので、スタッフも病原菌や汚物に触れる機会が多く、不規則勤務やストレスで抵抗力が落ちていることがあります。

整頓・清掃・清潔は毎日行うことをおすすめします。

 

 

チームの チームによる チームのための 5S活動

 

チームの中のひとりが、いくら頑張って整備しても、限界があります。

目的と目標をチームで設定して、チームで活動すると効果的ですし、結束力もあがります。

 

 

ご質問・お困りのときはお問合せくださいませ。

 

 

読んでくださってありがとうございます。

オフィスオーガナイザー®/看護師 竹本ひろこ

 

 

サービス内容
サービス内容

シェアする

コメントする