たけちゃん自身や活動に興味のある方、お仕事依頼はLINE友だち登録を

3S・5S活動で働き方改革・社会貢献【職場の整理整頓・環境整備】

コロナウイルス感染の影響で、オフィスに出勤せず在宅勤務のようなテレワークをされている方が増えているようです。

また、在宅勤務ができない業種だけど臨時休校で仕事を休んでいる方もいらっしゃいます。

予期せぬことですが、私にもいろんなことを見直す時間が生まれました。

今回は、職場環境の見直しをテーマに、多くの工場やオフィスで取り入られてきた「5S」・「3S」をご紹介します。

5Sとは

「5S」とはいろんなスペースで活用できる環境整備の型です。

5S活動
「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の頭文字のSをとったもの。

  • 整理
    不要な物を取り除くこと
  • 整頓
    乱れたものを整えること
  • 清掃
    掃除と保守点検
  • 清潔
    衛生・美観を保つこと
  • しつけ
    上の4つの習慣づけ
https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

「整理・整頓・清掃」が必要十分ということで3S活動を推進している職場もあります。

5S・3Sの目的

5S・3Sの目的は、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5つのレベルを高めることで、業務効率をアップさせるのが目的です。

  • 業務時間・労働力・コストを削減
  • 生み出した時間・労働力・資金で、生産性を高める業務を増やす
  • 生産性アップ

ムダなものごとを減らして、有益なものごとに注力しようという取り組みです。

5Sの手順

5Sは①整理、②整頓、③清掃、④清潔、⑤しつけの順でやると効率的と言われます。

ですが、 オフィスオーガナイザーとしては、①整理よりも先にしておきたいのが、⓪基準・ルールを決めることです。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

KOKUYOさんでは、職場環境について意見を出して対応していくルールがありました。
≫働く意欲がわく!KOKUYO梅田ライブオフィスのしくみ
 (コミュニケーションボード)

社会貢献と業務改善

少子高齢化が進み、日本は人口減少しています。

医療介護業界が常にマンパワー不足と言われるのも当然です。

IT技術が進んでも、財源のないところでは初期投資できませんから、そういう意味でも人の手は必要だと私は思います。

本来の仕事をするためなのに、本来の業務ではないことに時間やエネルギーを費やしているとしたら、それは非生産的。
日本全体にムダが潜んでいます。(私のホームオフィスにも潜んでます……)


https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

私は看護学校で習った環境整備は「病床環境整備」でした。

もちろん、感染予防、転倒予防、精神衛生的にも、病床環境整備はとても大切なことです。

ただ、職員がその環境でケアを行うのに支障はないのか、もっとベッドサイドに居る時間やスキルアップのための時間を増やせないのか、そのための5S・3Sです。

職員の仕事のやりがいにも大きくつながってきます。

店舗のディスプレイを整えたり、サービス設計を見直すこともとても重要ですが、その裏側にもお客様を待たせない工夫ができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください