人が離れていく前に、行動しましょう -職場環境の調整-

何人が離れていく前に、行動しましょう -職場環境の調整-

ヘルスケアチームの職場環境を整えたい!

 

 

片づけのプロ×看護師 竹本ひろこです。

 

 

 

先日のブログで、医療介護の職場環境の5S活動について、お話しました。

 

そこで、チームで共有スペースの環境整備の提案をしました。

  1. みんなが困っているところ
  2. みんながよく使うところ
  3. よく触るところ・目につくところ

 

”みんなが困っているところ”の環境整備は、チームで取り組むといいと書いていましたが、ここでつまづくことがあるかもしれません。

誰かが解決案を持っているとは限らないし、これまでにいろいろ対策を練ってきたけど、うまくいかなかったのかもしれないし。

そういうときには、第3者の目・プロの視点を利用してほしいなと思いました。

 

 

 

 

〇〇のプロを利用する

 

皆さんは、「利用するならこの病院・施設がいい」とか、思ったことはありませんか?

プロだからこそ、見えるポイントがあると思います。

そして、解決しにくい問題は、プロに頼もうという判断ができます。

 

私は、自分が苦手なことは、得意な人に頼みます。

自分が習得したいことなら、その道のプロに教わります。

 

 

例えば、こちら。

 

この掃除は、何とか頑張れば自分でもできないことはないと思いますが、私はまたプロに頼もうと思います。

しんどいし、時間がかかるし、その労力と時間を他のことに使いたいから。

髪を切るとき、ヘアサロンに行くように。

 

職場の環境はいかがでしょうか?

掃除はほぼ専任のスタッフがいますよね?

5Sの他の活動、「整理」「整頓」「清潔」「しつけ」はいかがでしょうか?

 

5S活動

整理▶不要な物を取り除くこと

整頓▶乱れたものを整えること

清掃▶掃除と保守点検

清潔▶衛生・美観を保つこと

しつけ▶上の4つの習慣づけ

 

自分たちで時間をつくって実行するもの

 

5S活動は、ただ「こういうふうにしましょう」と掲げるだけでは、実行できません。

現場は忙しいので、他にいくらでも優先させたいことがあるのです。

ベッドサイドからコールがある前に、おむつを替えたいし、話し相手になりたい。

5S活動は、忙しい毎日の業務に、あらかじめ組み込んでおくことが必要です。

 

ただ、物量の多さに、「整理」でつまづいてしまうことがあります。

そういうときは、迷わず片づけのプロに頼んでください。

 

片づけのプロが「整理を代行」はできませんが、整理を教えます。

片づけのプロは、「自分たちの手で整理整頓や習慣づけできるように」教えます。

 

 

 

プロと5S活動をするメリット

 

  • 効果的な5S活動がわかり、生産性、信頼性、創造性が高まる
  • 5S活動にかかる時間が短縮できる
  • 5S活動を重要視していることを、スタッフに意識付けできる
  • 定期的に介入することで、習慣づけができる。快適な環境が保たれる
  • 内外からの安心・信頼を得られる

プロと5S活動をするデメリット

 

  • プロや現場との調整が必要
  • コスト

 

職場環境、このままでいいのですか?

 

行動しましょう。人が離れていく前に。

 

ご質問・お困りのときは、お気軽にお問合せくださいませ。

 

 

読んでくださってありがとうございます。

オフィスオーガナイザー®/看護師 竹本ひろこ

@大阪府堺市

 

 

サービス内容
サービス内容
シェアする

コメントする