ヘルスケアチームに欠かせない3つのこと

ヘルスケアチームに欠かせない3つのこと

片づけのプロ×看護師 竹本ひろこです。

 

子育て中の保護者、ケア提供者、医療介護職の皆さんのことを、ひっくるめて、私はヘルスケアチームと呼んでいます。

 

毎日大変ですよね。

自分のことはどうしても後回しになりがち。

 

そんなヘルスケアチームに欠かせないものって何だと思いますか?

 

 

ヘルスケアチームに欠かせないもの3つ

 

私はこう考えます。

  1. 健康
  2. 安心
  3. 不快でない環境

この3つってつながってると思いませんか?

 

健全な精神は健全な肉体に宿る(ユウェナリス)

 

って言いますし、体と心がリンクしていることは、容易に想像できそうです。

 

 

環境って??

 

このキーワードで想像してみてください。

 

体と環境のつながり

例えば、

  • 温湿度と体の反応
  • ハウスダストによるアレルギー症状、シックハウス症候群
  • 良質な睡眠をとるための寝床

 

心と環境のつながり

例えば、

  • 環境の快・不快(温湿度、気流、ニオイ、音、色)
  • 心の乱れが部屋に表れる(恋人と別れたときの部屋、毎日忙しくて寝るだけの部屋)
  • 環境が心を決める(ホームとアウェーでモチベーションが変わる、家と学校で変える・変わる気持ち)

 

つながりが何となくわかりますか?

 

 

 

体・心・環境はつながっているんです。

 

ひとりの人間を構成する体と心。そして環境。

 

 

子育て、在宅ケア、医療介護職など、誰かのヘルスケアに関わる、ヘルスケアチームなら、これらはいい状態に保っておく必要があります。

もちろん、誰かより先に、まず自分がいい状態であることが大切。

疲弊してしまわないように。

それぞれの充足感・幸福感も共有できるように。

 

かんたんな片づけは自分を楽にする。強くする。

 

かんたんな片づけは、まずは自分を楽にしてくれます。

かんたんな片づけをすることで「できた」が増えて、自信につながり強くなります。

 

 

私は、あなたに合ったかんたんな処理方法(片づけ)を一緒に見つけます。

一緒にかんたんに片づくしくみをつくってみませんか?

一緒に安心できること・安心を得るしくみを見つけませんか?

毎日の暮らしが変わってきますよ!

 

 

 

 

読んでくださってありがとうございます。

 

オフィスオーガナイザー®/看護師 竹本ひろこ

@大阪府堺市

 

 

シェアする

コメントする