嫌なこと・苦手なことをやり続ける。習慣づけへのヒント

嫌なこと・苦手なことをやり続ける。習慣づけへのヒント

 

昨日、こんな記事を書いておきながら、忘れ物。

給食前にお届けにあがりました。

 

水筒を忘れて持っていくのは1年生の間だけ。

 

 

どんどん手離して、楽になる。

楽ちん大好き。片付けのプロ×看護師 竹本ひろこです。

 

 

 

私、掃除が苦手なんです。

 

 

気分屋・飽き性なもので、あまり長続きしないタイプ。
掃除でひとつ、習慣づいているのは、これです。

朝のトイレ後のトイレ掃除。
トイレを掃除すると

・お金が貯まる
・出世する
・美しくなる

そんな話、聞きますよね。

 

掃除すると、気持ちもいいんだけど、ただ面倒…。

 

 

習慣づけの訓練をしたことがあります

 

ライフオーガナイザー1級講座受講中には、習慣づけの訓練をしました。

1級受講生の教材を使うってやるんです。(ご興味のある方はこちら→ライフオーガナイザー協会の講座紹介

 

そのときは、できていたのに、できなくなっているんですよね。

 

 

 

習慣づけのヒント1:公表する

 

以前はできていたことが、できなくなった。

それの原因は、そのときしていた、「宣言すること」をしなくなったから。

 

なので、講座やブログで、「私はトイレ掃除、頑張ってますよ」って宣言しております!

 

 

 

 

習慣づけのヒント2:かんたん

 

今年の5月のライフオーガナイズチャリティイベントで、お隣になった方の方法を、そのままパクりました。

 

「朝、トイレに行ったタイミングで、できるところまで掃除する」っていう方法。

 

これだと、タイミングも、行動も、ハードルが低めで、掃除が苦手な私にも続けやすいんですよね。

 

「できるところまで」って自分に選択の余地を与える。

気分屋・自由大好きの私には、もってこいの方法でした。

 

 

 

 

習慣づけのヒント3:忘れにくい

 

①トイレで用を足す→流す→「あ。掃除しなきゃ!」と関連して、行動できます。


②流す


③「あ。掃除しなきゃ」と思い出す。

 

 

忘れにくい!  (ときどき忘れてはおります;^^)

 

 

こんな素敵な方法を教えてくださった Yさん ありがとうございます。

 

私は、誰かが同じ方法で、やってる・頑張ってるって思うと、頑張れるタイプでもあります。

 

(できないときは、「あの人と私は違うんだから。ま仕方ないよ。」とちょっぴり残念な気持ちを片づける。)

 

 

 

いろいろ失敗して、気づいた自分の成功の法則

 

あなたの成功の法則、一緒に探してみませんか?

 

全国のライフオーガナイザー®たちの活動はこちらでチェック!

 

読んでくださって、ありがとうございました。

 

 

 

オフィスオーガナイザー® 竹本ひろこ

 

シェアする

コメントする