ハグ、はじめました。

たけちゃん
たけちゃん

最近考えている「家がもっと安心安全な場所になれば、勇気をもてるようになるのかな?」ってことについて書いてみます。

最近、小1の娘が「学校に行きたくない」って言いだして、ちょくちょく学校を休んでいます。

保育園はほとんど熱も出さずに通園してたし、学校でいじめられたとか特別な問題があるってわけでもないんです。

親としては、娘の気持ちを受け止めようとしつつも、自分の心配を押し付けていました。

よく熱を出す兄と違って健康優良児だからたまにはサボりたいんよな」
「甘えたい病かな?」
そう思っても口には出さず、夫婦で話すだけでした。

「遅刻してでも行ったらいいのに」
「苦手な算数がますますわからなくなるよ」
実際に娘には、こんなふうに声をかけていました。

昨日の夫調べでは、「母子分離不安」ってのがあるよね、と。

“母子分離不安とは子どもが母親と離れることに対し、不安を感じることです。分離不安自体は早期の発達段階において不可欠なものです。幼稚園・保育園入園時や小学校入学時など多くの子どもが不安を感じます。しかし中には不安が過剰になり身体的・精神的症状を引き起こす子どももいます。”

うちの例をあげると、私の外出を嫌がり、夜寝るときは私と一緒じゃないとダメで私が先に寝ると嫌、などがあります。
≫母子分離不安とは?|LITALICO発達ナビ

学校で「これまで以上に、やらなきゃいけない」という負荷がかかってしんどくなってるみたいだな、と。

「過ぎる」を封じて丸儲け

この記事で書いてるように、私自身が「主体的に学びたい」と願うように、子どもにも「主体的に学んでほしい」と願っています。

それでも私は、ついつい「主体的に学べる環境を準備してあげたいな~」と思ってしまう。
私、おせっかいなんです……。

「準備してあげる」んじゃなくて
「家庭をもっと安心安全にして、少しずつ飛び出せるようになったらいいんじゃない?」と思い直しました。

私は私で、ついつい仕事や勉強に没頭しがちなんですが、仕事よりもだいじなのが家族。
私は、それを忘れないようにしよう。

頑張ってる娘が、安心できるようにしてたい。

娘が安心できるようになるには、まずはハグかなと。
そんな風に思いました。

何が正解かわかりません。
毎日うまくいったりいかなかったり。
そんなことを繰り返して、家庭を安心安全にしていきます。

たけちゃん
たけちゃん

LINEでは、こういう話も配信しています。
ブログでは見せてない私の仕事や学び、生活に興味があれば、友だち登録してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

活動や興味などいろいろ配信中。
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録
活動や興味などいろいろ配信中
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録