作業実例:Y様邸 ①廊下・プレイルーム 

お客様情報

ご家族5人暮らし

  • Yさま(30代女性・看護師育休中)
  • ご主人
  • 小学1年生(女子)
  • 3歳(男児)
  • 0歳(男児)

 

 

今回のゴール
ものを整理して、窓(ベランダ)への洗濯干しの動線を確保する。

 

 

AFTER

人別におもちゃを分けて配置しました。

 

 

 

詳しくご紹介

階段にオリーブの木(フェイク)がある
おしゃれなYさん邸。

こちらの階段を上った先。

 

こちらを進むと。

 

お子さんのおもちゃが置いてある、ベランダのある部屋。

 

 

Yさまのご希望

  • この部屋をいずれ子ども部屋にしたい
  • 洗濯物をベランダに干すため、通りたい

 

ということでした。

 

おもちゃが床に散らばったまま。

屋内用砂遊びセットの容器から、砂がこぼれたまま。

0歳児育児中で、3人子育て中。

この状況だと、片づける気がなくなるの、よくわかります…。

 

作業内容

お子さんたちもあまりこの部屋では、遊ばなくなっていたそう。おうちではリビングで遊部ことが多いそうです。

分けて、ある程度減らして、砂を掃除しました。

 

Y様が手離すか迷うおもちゃは、お子さんに好きなものを、選んでもらうようにとお伝えしました。

 

お持ちのカゴで、カテゴリー分け。

そして配置。

ほぼ使っていなかった部屋なので、使い勝手に合わせて、収納を考えていきます。

 

娘さんが帰宅後、早速遊び始めています。

 

 

砂遊びセットは屋外へ出されました。

 

おもちゃの片づけを楽にするには、収まる量と定位置収納がカギです。

 

維持のポイントをお伝えして、1回目の作業を終えました。

Yさんご依頼ありがとうございました。

 

 

 

読んでくださってありがとうございます。

 

オフィスオーガナイザー®/看護師 竹本ひろこ

 

 

シェアする

コメントする