【訪問・講座】年内はリピーター様、2020年からのご新規様の予約受付中!≫

リハーサルをやってみて、気づいたこと3つ。 オーガナイズの日 チャリティイベント in 大阪

リハーサルやってみて気づいたこと3つ。これ言いたくて仕方がない

写真提供:西幸恵さん

客席・関係者席のレイアウトは、お客様目線でがらりと変更。これは変更前。

台本・レイアウトなどのもろもろの変更は想定内。

そんなことじゃなく、想定外にリハーサルで感じたことを紹介させてください。

スタッフが想像以上にすごい。そして想像以上に協力的で温かく泣ける。

写真提供:西幸恵さん

時間の整理ワークタイムでの一コマ。タイムキーパー・稲田保子さんはリハ中もタイムキーパーを。

当日スタッフ歴8年・当日ボランティア名誉スタッフ(と名付けた)の写真撮影・西幸恵さんは、リハ中も写真撮影を。

当日写真撮影の猪俣有希さんは、一緒にワークを検討した方。

急きょリハだけサポート役をお願いして、了承いただき感謝。

お茶する? 【受講レポ】吹田市のライフオーガナイザー自宅で「時間の整理講座」

私だけが頑張る必要もなかった

写真提供:西幸恵さん

日本ライフオーガナイザー協会 関西チャプター(というまとめの)リーダー眞鍋京子さん。

私の質問相談に大黒裕佳子さんといっしょに答えてくれます。

 

私だけが頑張ってるイベントじゃありません。

そう、知ってる。わかってる。

でも、どうしても。

特に、当日ボランティアスタッフの8人には、「『やらされ感』は持ってほしくない!」

そう思って、頑張りすぎてしまう感じもありました。

ここまで任せちゃっていいのかな?とか。

 

いや、登壇者だって、実行委員だって、めっちゃ負担かけてるはず。

特に門野内絵理子さんは、出版前の忙しいときに、チャリティイベントのための時間をとってもらっています。

こう見えても、結構気を遣ってたつもりで。

時間通りに早く帰らせたい。

 

わからないならわからないと言ってほしい。

無理なら無理と言ってほしい。

ボランティアでモヤモヤしてほしくない。

陰で、「今年のチャリティ、めっちゃ大変やったわ…」と言わないでほしい。

その声を今すぐ、そして次も活かしたいから、教えてほしい。

大変と感じたらすぐに、実行委員に意見してほしい。

 

そんなふうに思っています。思っていました。

それなのに…。

それなのに何?

このゆったりとした包容力は…?

写真提供:西幸恵さん

 

ムチャぶりにも応えてくれる。

そして、私自身が決めた進行を忘れていても、なんかゆったり見てくれてる…。

実行委員のご意見番・田中佐江子さん(左端)に、帰り際に「あんまり根詰めんときや!」声をかけてもらった。

最高に楽しいってこと

門野内絵理子さん(中央)はこのとき楽しかったんだろうか…。「わ~変更することいっぱいや~」ってなってなかったろうか。そこのところフォローしきれてないと今気づく…。

リアルで結構前から、私のことをご存知の方はいいんです。

私が、自由が好きで、忘れっぽく、振り回されやすく、物事をよく知らず、向こう見ずで衝動的で…。

 

計算高く緻密ってことは、ほとんどないのですが、しゃかりきハイパーにパワフルな時もたまにあります。

やりたいことが多くて、楽しいと、それを抑えきれません。

リハーサル前日はほぼ徹夜しちゃった…(;’∀’)

そして妙なテンションで、イキって仕切り。

15:30過ぎは電池切れ…(・_・)チーン

アスペルガー症候群の症状、けっこうある私(自己判断)には、食事・栄養・睡眠不足だと、さらに機能低下するのに。

ADHDだかわからないけど、そういう感じの血が騒ぐこともあり…。

楽しすぎて、ハイなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です