8/29(木)心斎橋で「書類整理の会:確定申告備える編」開催

ためこまないクローゼットの整理術

女の人は、昔からいろんな役を担ってきました。

娘・母・妻・職業人・一人の女性…。

そうなれば、そこにふさわしいファッションがつきものです。

だからと言って、「いいな」と思うものをどんどん買い込んでいては、クローゼットはすぐにパンパンになってしまいます。

今回は私の、「ためこまないクローゼットの整理術」をご紹介します。

ためこまないクローゼットの整理術

買うとき

やみくもに欲しいものを買うと失敗します。

これは、多くのアドバイザーとかコーディネーターが言うように、自分の

「好き・似合う・使える」がマッチするものを選ぶといいようです。

自分を知る

まず自分の服をよく見てみること。

「いまいちだ」と思う服は、何がいけないのかを知るために、試着します。

ファッションからなりたい自分像や生き方まで考えられる本はおすすめです。

ファッション雑誌よりテクニック本を選ぶ

セール前にファッション雑誌をチェックする人は、とても多いと思います。

ファッション誌には、旬のモデルが着こなす流行のファッションが載っています。

最新のファッションを求めたい! 流行りに乗り遅れたくない!

そんな人以外は、雑誌よりも「似合う」にポイントを置いた本を見るのがおすすめです。

もちろん、自分の好みのコーディネートがたくさん載っている本がおすすめです。

プロのアドバイスを受けるのが近道

本はいくらおすすめしたとしても、あくまでも一般論です。

万人向けなので、ひとりひとりにはあてはまらないことも多々あります。

自分に合ったアドバイスを受けたいなら、マンツーマンでアドバイスを受けるのがいちばんです。

特に、「似合う」という感覚は、自分ではわかりにくいんですよね。

 

私はプロにアドバイスを受けたこともあります。

参考 毎日自分が素敵に見える服 お洒落ファッションレッスン西宮 神戸 骨格診断・カラー診断アドバイザー かじひろみ 参考 色とお片づけから暮らしを変える!40代大人のおしゃれ術クローゼットから暮らしを変えるカラーアナリスト☆山本 和恵

たけちゃん

プロにアドバイスを受けると迷いが減りました!

私は、肌の色が黄黒いので、オレンジが全く似合いません。(この服はレンタルです。

肩幅が広くて寸胴なのと、顔の印象やキャラからも、フリルが全く似合いません。

買うときに除外したほうがいいものが分かると、迷いが減りますよね。

ムダな買い物をしないから、お財布にも優しい!

着るとき

見える・わかる

着るとき、というか「普段収納するとき」でしょうか。

自分が持っている服が「見える・わかる」ようにすることがポイントです。

そうすると、ローテーションがしやすくなります。

あまり着ない服は、循環しません…。

自分の傾向がわかりますね。

手放すとき

手放す基準を知る・決める

手放す基準を決めておかないと、どんどんたまる一方ですよね。

  • 2~3年ごとや季節ごとに手放すのか、着用回数で手放すのか。
  • 好きじゃなくなったら手放すのか、流行りすたりなのか。
  • いろんな要素を組み合わせて、納得してから手放すのか。

そういうことを決めます。

 

私は、季節が終わるごと、新しい服がほしいときに見直します。

ふるいにかけるときの私の基準は、「次に季節がめぐったときにも、また着たいか」です。

期間や回数でなく、機能性や好みを重視しています。

手放し先

私の場合はクローゼットにリサイクル用のバッグ(紫の袋)を掛けていて、そこに放り込みます。

着ない服は隠れますから、毎日それを除いて着る服を選ぶということをせずに済みます。

そして、服をリサイクルに出すときは、そのバッグをもって出かけるだけです。

 

回収してもらえなさそうなものは、ごみとして処分するか、ウエストして掃除に使います。

捨てるのが苦手でも、段階的に処分したり、自分が気持ちよく手放せるところをみつけておくと、ためこみにくくなりますよ。

 

ここに手放し先がたくさん載っています。

参考 手放し先リスト片づけ収納ドットコム

私は、ユニクロの回収ボックスセカンドストリート、ジャンブルストアメルカリは、かなり利用しています。

古着deワクチンは、一度利用したことがあります。
赤すぐ提携は終了しましたが、古着deワクチンは利用できますよ。

サービス終了前!古着deワクチンを利用してみました

クーポンも活用して賢く整理しましょう。

ご存知ですか?JALO監修セミナーが割引価格で受講できる方法

おわりに

ためこまないクローゼットであるためには、入り口と出口が決まっていて、モノが循環していることが条件です。

自分の軸が決まっていないとリバウンドしてしまいますが、繰り返して整理することで、自分の傾向がきっと見えてくるはずです。

ズボラでも元に戻せるクローゼット収納」という記事では、私のクローゼット収納をご紹介しています。

こちらもぜひご覧くださいね!

ズボラでも元に戻せるクローゼット収納 (L型ウォークインクローゼット)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください