【訪問・講座】2019年内はリピーター様、2020年からのご新規様の予約受付中!≫

ハッとしたときが 見直し どき。

2018年6月19日。昨朝は驚きました。

堺市は震度3でしたが、揺れが長く感じ、とても不安でした。

 

テレビではずっと高槻市や大阪駅の様子が映っていました。

飛んできたり倒れたり割れたりしたモノで、けがをしたり亡くなった方がいらしたり。

あちこちが崩れて壊れて、ライフラインが止まって。

同じ近畿で、不安に過ごしております。

 

ですが、こういうところ、わが家はあまりできていません(;’∀’)

食器棚の引き戸。

ずぼらなものでついつい開けっ放しになりがち。

まずは閉めます。

 

高いところのもの。

夜に部屋干ししたものは、浴室に移動させるか、取り込むかします。

 

できるところから対策します。

 

あなたのおうちはいかがでしょうか?

横田ちひろさんの記事はとても参考になりますよ。

おうちの防災対策をどんなふうに取り入れてらっしゃるかわかりますね。

防災マニュアルのダウンロードもあります。

参考 家庭で出来る防災対策 我が家のマニュアルよかったらお使いください横田ちひろ 暮らし整えサポーター

 

息子が熱を出しているので、昨日いつもより早く帰宅した夫にスポーツドリンクを買ってくるようにお願いしました。

店頭から水がなくなっていたそうです。

供給ラインが途絶えているみたいですね。

必要なところに届いているといいなと思うのですが。

 

防災アドバイザーの岡部梨恵子さんの記事。

参考 防災セミナーは片づけからスタート!防災アドバイザー・防災士 岡部梨恵子

 

住宅の構造も弱い上に、あまり使わないものも多くて散らかっている実家は、外へ逃げるしかありません。

外へ逃げれますか?

廊下や階段、通れますか?

 

被災していない方も、お気づきのことがありましたら、ご一緒におうちの防災対策見直しませんか?

一緒に暮らしを見直しませんか?

個人のお客様ケア提供者依存 暮らしの質UP「おうちの片づけ」

整理収納は便利なだけじゃありません。

防災のためにも実践しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください