2019年1月20日(木)仕事の書類整理術セミナー@心斎橋

苦手な掃除をプロに頼んでみました!

掃除。苦手なんです。

生活する意欲を「片づけ」で支える 看護師×片づけのプロ 竹本ひろこです。

 

うちのリビング・ダイニングには、息子が赤ちゃんのときの名残がありました。

クッションテープ。

転倒時に、ぶつけてけがをしないために、当時、私の母が貼ったものです。

 

このクッションテープ、もういらないんです。

息子は8歳、娘は3歳。

 

メラミンスポンジのような素材なので、拭いても、拭いても、汚れが落ちません。

これ、はがすのは、本当に大変です。

木製家具に貼られたものは、剥がせましたが、窓枠のものは無理。

悲しいことに夫は関心がないし、ひとりで作業するのは寂しく、悲しいものでした…。

頑張っている過去の記事

参考 クッションテープの難 その後ライフオーガナイザー竹本ひろこ(旧アメブロ)

WEB検索しまくり、シール剥がし剤・ヘラを使い、ある程度は剥がれますが、このアルミサッシが強敵…。

うちのリビング・ダイニングの窓は4面つながっており、木製の窓枠部分が2Mほどあります。

本当に泣きそう。

いや、泣いたかも。

悩みに悩んで、プロにお願いすることにしました。(7月中旬の話。)

私が頼んだのは、口コミが良かったそらクリーニング本舗

 

窓やベランダなどの掃除、床のワックスがけなど、いろいろついでにお願いしました。

クッションテープはもちろん、なかなか自分では行き届かない、家の手入れをしていただきました。

きれいになったし、レクチャーしてもらえたし、満足です!

暑い中、作業いただきまして、ありがとうございました!

 

ひとりでは難しいことは、プロに頼むと、あっさりと解決できます。

一緒に、自分の悩みを考えて、解決してくれるのが救われました。

 

料理は出前や外食。

洗濯はクリーニング。

お困りでしたら、掃除だって、片づけだって、プロに頼みましょう。

ちなみに私は、お客様の代わりに片づけはしません。

 

片づけは毎日のことなので、お客様が毎日片づけられるように支援します。

毎日、外食やクリーニングはなかなかできないのでは?

片づけやすい環境を一緒に作りませんか?

コメントする

error: Content is protected !!