2019年1月20日(木)仕事の書類整理術セミナー@心斎橋

捨てられない息子の 学習スペースBefore→After

これは、夏休み前の話です。

生活する意欲を「片づけ」で支える、 看護師×片づけのプロ 竹本ひろこです。

学童保育から帰ったら、床にランドセル。

金曜は特に荷物が多いから、とりあえず床。

 

机の上には、作品コレクション、飾り棚には置ききれない量。

ノートやプリントは、遊び道具(コレクションのカード)に紛れています。

 

この前日はコレクションしているカードゲームのイベントがありました。

そこに行きたいと、2週間ほど前から懇願していたので、これをご褒美に学習スペースをオーガナイズしました。

 

息子とは、これまでに何度もオーガナイズをしています。

 

でも、お菓子の包装やビニール袋など、本人も要らないモノをすぐに捨てることができていません。

お菓子を口に入れたら、すぐに他のやりたいことに気が向いています。

3歳の妹が、彼の机の上や引き出しなどを物色し、いたずらしてしまいます。

 

なので、リバウンドしてしまいます…。

作業内容


昨日は、机の上にあるものを分類し、減らしました。

ライフオーガナイズ作業のSTEP1です。

迷うものが少なかったのに関心。

ゴミと捨てたものは、意外に多くはありません。

例えば、残ページのあるノートはらくがき帳にしています。

机の上にモノがいっぱいで、宿題をやりにくいと本人も感じていました(;’∀’)

コレクションはこの場所から減らしました。

私が伝えたこと

私が伝えたのは、以前に本人が決めたルールでした。

  • 遊びのモノ、使わないけどおいておきたい記念のモノなど、収納先へしまうこと。

アドバイスは

  • 飾りたいものを厳選するために、季節を意識したら素敵だよ。

ハロウィンのライトも飾っていたのです…。

(これ言うの2回目ですが、「夏休み前の話です。」)

すっきりしました。

ずっと子どもの片づけに困っていました。

私も片づけは30年以上苦手でしたし、今も…。

なので、私(母としての私)では、だめだと思っていました。

他のライフオーガナイザー®に頼もうと思ったこともあります。

 

何度もやっていれば、お互いにできるようになってる!

昨日はそういうことを実感し、嬉しくなりました。

 

余談ですが、昨日のカードゲームのイベントは、ゲームセンターでレアカードがもらえるというものでした。

夏休みの自由研究にいかがでしょう?

参考 小学生のための楽しい片づけ講座日本ライフオーガナイザー協会

 

コメントする

error: Content is protected !!