2019年1月20日(木)仕事の書類整理術セミナー@心斎橋

掃除ができていない部屋とメンタルと私

最近、精神的に底のほうでした。

やる気が出ない・イライラする・風邪で熱が出そう。

そんなことがありました。

生活する意欲を「片づけ」で支える 看護師×片づけのプロ 竹本ひろこです。

 

そんなとき、部屋を見ると…掃除がいつも以上にできていません。

掃除ができていないのはこういう事情

子どもが片づけないから

子どもたちが散らかしまくりで、掃除しませんでした。

「一緒に片づけよ~」と穏便にリードすることもなく。

夫の威を借りて、「片づけなければ捨てられる恐怖」のもと、子どもたちが片づける…という。

子どもが片づけたとしても

ダイニングテーブルの下のカオスを見て、イライラしてみたり、うなだれる。

そうなるなら、掃除すればいいのに。

でもやる気が出ない。

どうしたら心地よい空間が作れるのか

やる気が出ない、そんなときって…

「掃除できていない自分ってダメだな」

そういうふうに思わないこと。

自分にバツを付けない。

掃除ができていなくてだらしないと感じたとしても、そんな自分も自分として「アリ」と認めること。

たけもと

とりあえず、ちょっと休もう!

ちょっと(ずいぶん?)休んだら、〇〇する

そして、思考を転換して行動を起こしましょう。

例えば、

「どうやったら、掃除にとりかかれるようになるか?」

「どの程度の掃除ならできるのか?(時間・労力)」

「自分だけがしないといけないことか?」

 

そんなことを考えて、最適な提案をしていくのがライフオーガナイザー®だと、思っています。

ただ…、思考の転換までに時間を要するのも事実。

でも、きっかけがあると加速しますよ。

何がきっかけになるのでしょうね?

知っていますか?

自分をご機嫌にする方法

自分のモチベーションを上げる方法

モチベーションをあげるためにすること

モチベーションをあげるためにすること

私は、人と話すことで、自分の気づかなかったことを気づいたとき、テンションが上がります。

そしてそれに納得して腑に落ちたとき、「私の場合はこうしよう」とモチベーションが上がります。

 

ライフオーガナイズは暮らしや人生を見つめ直し、ご機嫌に生きる術。

ライフオーガナイザー®の活動が、あなたも地域の人も好転するきっかけになったら、うれしいです。

看護師による整理収納サポート

コメントする

error: Content is protected !!