たけちゃん自身や活動に興味のある方、お仕事依頼はLINE友だち登録を

訪問看護師の新型コロナ感染対策3つ・訪問先&自宅でやってます

新型コロナウイルス関連肺炎(COVID-19)が流行しています。
亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。



どこに行ってどんな行動をして感染したかがわからないケースが、中国国外でも増えていて「私もいつ感染するかわからないな……」と思っています。

しかし新聞やニュースで取り上げられることは、

大型客船や検疫などが多く、規模が大きくてなかなか自分事に思えない。
「〇〇で感染発生」のような不安感をあおるような話題がほとんどで、どうしたらいいのかわからない。

そんな声を聞きます。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

今回は、訪問看護師でもある私が実際にやっている、感染対策3つをご紹介します。
神経質になりすぎず、自分にできる範囲のことだけです。

注意
本記事の情報は2020年2月21日現在のものです。 今後の研究や施策によって、この情報は古くなるかもしれません。 信頼できる最新情報をチェックしてください。

参考・出典

訪問看護師の基本の感染対策3つ【個人的意見含む】

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

医療従事者なので仕事での感染対策は、訪問看護師レベルでできるかぎりのことを。
プライベートではできる&気になる範囲だけ。
仕事とプライベートをひっくるめて、次の3つの感染対策をやっています。

  1. 手洗い・うがいをする
  2. 免疫力が低下していると思われる人には、マスクをして接する。
    (相手が風邪をひいているときはマスクをしてもらう。)
  3. しっかり寝る

ちょっと詳しくお伝えしていきます。

たけちゃんの前提

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

私は、2つ上の夫と小5・年長の子ども2人の4人家族
週2日だけ、看護が必要なおうちに行く訪問看護をしています。(ほかの日はオーガナイザーやってます)

  • 私も家族もそこそこ健康体。免疫力はあるから新型コロナウイルスに感染しても大丈夫な気もするけど、生活に支障をきたすのでできるだけ避けたい。
  • 私が感染したら、訪問先の患者さんにうつすのは危険と思っている。

感染経路は2つあると言われています。

≫(WHO世界保健機構「コロナウイルスに関するQ&A(COVID-19)」)

  • 接触感染(直接体に触れる・ものを介するの2パターン)
  • 飛沫感染(咳やくしゃみなどのしぶきで感染、1m範囲)

そこで私は、インフルエンザやノロウイルスの感染対策をイメージして対応することにしました。(新型コロナに関してはまだはっきり分かってないので)

3つの感染対策

  1. 手洗い、うがいをする
    石鹸で手洗いは帰宅時以外にもトイレ後・食事前・調理前などにも。
    うがいは、うがいそのものでウイルスを除去するのではなく、気道(空気の通り道)粘膜を正常化する目的で私はやっています。
  2. 感染抵抗力が低下していると思われる人には、マスクをして接する。
    (相手が風邪をひいているときはマスクをしてもらう。)
    ≫スタンダードプリコーション(標準予防策)
    花粉症もちの私は、突然くしゃみや咳が出てしまうことがあるので、今の時期は咳エチケットを心がけています。
    ≫鼻ワセリン、個人的におすすめ『マスクがないときの花粉症対策』
  3. しっかり寝る。
    一般的に、病気になりにくい体をつくるには、じゅうぶんな睡眠、栄養のバランスのとれた食事、適度な運動が必要とされています。
    私は睡眠時間を削りがちなので、気を付けます。


常に「自分も相手も病原体をもってるかもしれない」と思って、訪問看護にあたっています。
医療従事者なら必ず知ってる標準予防策(スタンダードプリコーション)です。

標準予防策(スタンダードプリコーション)とは、患者、医療従事者を含むすべての人に適用される感染予防策であり、汗を除くすべての湿性排出物質(血液、体液、分泌物、排泄物)は感染の危険があるとの考えに基づく感染対策である。

医療情報科学研究所 『公衆衛生が見えるⅡ 2018-2019』メディックメディア, 2018, P.306-307.

もっと注意したいときの感染対策2つ

新型コロナウイルス感染症の感染や発症の可能性が高まったなら、やっておきたいと個人的に考えていることが2つあります。

それは換気拭き掃除です。

換気

花粉やPM2.5の飛散も気になる季節です。
換気したくないと思われるかもしれません。

「どちらを優先するか」で判断されるといいと思います。

拭き掃除

拭き掃除には、消毒液を使います。

アルコールが有効らしいのですが、どこも売り切れや高価転売でなかなか手に入りません。 

ウイルスが付着した物の消毒除菌には、ノロウイルス対策にも有効な次亜塩素酸ナトリウムを使おうと考えました。
なぜなら次亜塩素酸ナトリウムは、芽胞菌を除く細菌からウイルスまで、病原体の全般に対する効果があるとされるからです。
≫消毒・滅菌の概要(PDF),日医雑誌122巻,10-11号

↓次亜塩素酸ナトリウム含有の塩素系漂白剤

キッチンハイター 小 600ml
ハイター
  1. ペットボトルキャップ1杯の塩素系漂白剤
  2. 500mlの水
  3. 1と2を混ぜて使う(吸入しないように注意する)
    塩素系消毒薬の注意書きをよく読んでください

ノロウイルスやインフルエンザウイルスにも効果があるとされている次亜塩素酸ナトリウム0.05%含有消毒薬の出来上がりです。(商品によって元々の濃度はまちまちです。これは『ハイター』の場合。≫花王『次亜塩素酸ナトリウムを含む花王の塩素系漂白剤について教えて?』

私は家族が発症したり濃厚接触者になってから、消毒液で拭き掃除します。
現時点では日常の掃除しかしていません。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

ゴミやほこりは、細菌やウイルスの温床になるので、ふだんから環境整備はしておきたいです。
当然の話ですが、室内が片づいていると、その分だけ掃除がラクになります。
≫おうちの環境整備サポート

信頼できる情報がどこにあるか知っておこう

情報に振り回されにくくなるためには、信頼できる情報源を知っておくことが重要だと考えています。

政府・自治体などでコロナウイルスに対する考えや対策がまだ統一されていない今は、情報が錯そうしています。

日本の感染症のとらえ方を慎重に発表していると思われる厚生労働省の所管。

また、信頼できそうな専門家が言うことも、その人のフィルターを通しての話です。

私がこの記事で書いていることは、私が事実を見て解釈し、書き出したものです。

訪問看護師たけちゃんが信頼している情報源

参考 国立感染症研究所国立感染症研究所

世界の病気や健康に関する元締めと思われる。
「ごま油は効くの?」みたいなQ&Aもあり、「そんな疑問があるのか~」と興味深いです。

参考 WHO | 世界保健機関WHO | 世界保健機関

いろんな情報があって、政府や自治体レベルで対策を講じても、それを守るかどうかは私たち一人一人の判断にかかってきます。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/07/C61ED14B-9A2A-4BDA-8954-1851D7392525.jpeg
たけちゃん

私は菌もウイルスも、あげない・もらわないと心に決めて過ごします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

仕事の裏側も配信中です。
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録
仕事の裏側も配信中です。
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録