2020年9月の読書のしるし

続く限り、読んだ本のまとめをブログに記録しています。

9月に読んだ本は6冊でした。

9月の読書

私がアシスタントをしているさわらぎ寛子先生の3冊目です。

私は6ヶ月の連続講座を受講して講座のほうがいいのはわかっているんですが、本には本の良さがあって。

講座で話されていることを目で確認して、心に刻んでいく。

私は第3章の言葉をつくるワークが好きで、考えを深めたいときにも使っています。

今度、「オンライン講座をしたい先生のためのマンツーマンZOOMレッスン」を有料noteでリリースしますが、「なぜnoteなのか」を例のワークで自問自答しました。

言葉をつくらないときにも使えます。

たけちゃん
たけちゃん

今度は、生放送無料で観られるSchooで登壇予定なので、ぜひご覧ください。

今月読んだ本はどれも満足。

特に次の3冊は、自己理解を深めたい私にはいい本でした。

ワーク付きで読み応えたっぷりです。

台風の影響とは言え、すっかり肌寒くなり、家が心地よくなってきました。

おうち時間に読書&アウトプットがいい。

10月の読書

借りてる本から読んでいきまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

仕事の裏側も配信中です。
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録
仕事の裏側も配信中です。
不要ならいつでもブロックどうぞ。
LINE友だち登録