【訪問・講座】年内はリピーター様、2020年からのご新規様の予約受付中!≫

大阪でwelcome!2019ライフオーガナイズチャリティイベントの様子

関西チャプター公式ホームページ

2019年5月30日、ゴミゼロオーガナイズの日チャリティイベントin大阪でした。5月30日は「ゴミゼロの日」です。「この気候の良い時期に片づけよう!」ということで、Get Organized week として日本ライフオーガナイザー協会では、全国でチャリティイベントを開催しています。

私は大阪会場の実行委員という位置づけでしたが、そういった仕事はあまりしておらず恐縮です。 ほんと「広報」って感じで、自分が使えるSNSでチャリティチャリティ、チャリチャリ、言ってましたけどね……。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_4950.jpg
竹本

これ、めっちゃいいねん!って言いたいんです

2019_osaka

セミナーとワークタイムで「プロの片づけを体験してみよう!」

近畿エリアでは、今年3会場で開催しました。3会場の共通テーマは、「Welcome」「片づけから始まるWelcomeな暮らし」でした。
大阪会場は、「プロの片づけを体験してみよう!~ライフオーガナイズの片づけ方~」ということで、ライフオーガナイザーに頼んでみようかなと思っている方、自分で片づけたい方もwelcomeなテーマでした。チャリティイベントの原点に立ち返る印象があります。

一日のイベントを通して感じたことは、片づけのプロもwelcomeだったな……ってことでした。この辺のことはまた改めて記事にしたいと思います。

セミナー「見てわかる!ライフオーガナイズの片づけ」

撮影:長谷部敦子さん

講師は萩美規子さん(メンタルオーガナイザー)です。

萩さんの自己紹介では、スライドに「片づけられなかった頃」の写真が出てきました。萩さんは育児に真剣すぎて片づけられなくなっていたそう。忙しくて時間もエネルギーもないとき、普段何気なくできていたことができなくなります。優先順位は変わるけど、散らかった状態はストレスです。そんな過去に共感しました。

セミナー終盤には、ライフオーガナイズのビフォーアフター事例が登場しました。全部で7事例!事例紹介はリアリティーがあり、説得力があります。事例提供してくれたライフオーガナイザーをご紹介します。

7つの事例の中から萩さんがかかわった事例でいいなと思ったコメントをご紹介します。クローゼットに服が収納できず、椅子の上に服が山積みだったお客様。萩さんは、クローゼットの扉を外すことを提案したんです。「扉の開けっ放しが気になるなら、取り外さなくてもいいんです。自分にとっての良い方法を選べばいいんです」というお話にとっても共感しました。ライフオーガナイズの片づけ方って、そういうもんなんです。

一方、個人的に、途中で眼鏡をかけた萩さんのコメントにウケました。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_4481-1-e1559228713519.jpg
萩美規子さん

かなりのお年頃なので…おばあちゃん掛けしますが、気にしないでください

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_4950.jpg
たけもと

おばあちゃん掛けって…!

萩さんならではの、随所に笑いありの軽快トークでシェアタイムも盛り上がり、楽しいセミナーでした!

ワークタイム「プロと一緒にオーガナイズをプチ体験」

撮影:長谷部敦子さん

講師は中里裕子さん(マスターライフオーガナイザー)です。

進行内容を会場リーダーの田中佐江子さんとイベント開会直前まで練って作ったそうですが、それを感じさせない余裕。前日は福井会場でも登壇されていたんです。エレガントですがパワフル。

さて、ワークタイムの内容ですが、ライフオーガナイズの手順に沿って、自宅の食器と食器収納を振り返り、ワークをしました。席は利き脳タイプ別に分かれました。協会代表理事も右左脳席でお客様と混じってもらいました。

1.価値観の明確化

2.減らす(捨てるんじゃなくて「選別」という意味で)

3.整理する(ものの定位置を決める)

4.維持する

2017.主婦の友社.「ライフオーガナイズの教科書」p.48-51を参考

熟考されて作られたので当たり前かもしれませんが、

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_4950.jpg
たけもと

考えやすーい!

撮影:小山内亮子さん

シェアタイムも楽しかったです。 普段近所の友達と、マニアックに片づけのことを話さないから、こういう場であーだーこーだ言えるのはいいです。知らない人だとあとくされもないし。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_4950.jpg
たけもと

チャリティイベントきっかけでお友達になれたりもします。そうなったら存分に語り合えます!

もっと伝わりやすく

リハーサルのときの提案で、もっとわかりやすくお伝えしたいなということで、「寸劇」をしようということになり、見事4人の寸劇チームが熱演しました。

右脳寄りのお客様役:今西ゆかりさん
ライフオーガナイザー役:片尾理恵さん

「あ~それしゃーなしで使ってます。惰性です」
*しゃーなしとは、仕方ないというあきらめ感情
「じゃあコレは『惰性』ですねー」  コテコテの関西弁。

左脳寄りのお客様役:大阪左寄子さんこと大黒裕佳子さん
ライフオーガナイザー役:大西典子さん

「私はオーガナイザー……のりこ」
~中略~
「え、そうやって分けていいんですか?」 ジワる空気感。

ワークタイムを終えて

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_4950.jpg
たけもと

食器収納の困りごと…掃除かな…。収納内部を掃除しよう!

ということで、私は朝の短時間に「5分・引き出し1段を目安に、全出し・拭き掃除をする」ことに決めました。まずは3日やってみます。

ライフオーガナイズの片づけ方とは

利き脳タイプでは特徴的なクセを4タイプ紹介しましたが、利き脳はヒントにしかすぎません。お客様を知る入り口です。実際のお客様は4タイプじゃなく、ひとりひとり違います。

ひとりひとりの中にある答えを見つけていくのがライフオーガナイザーの役目でもあります。それが楽しいところでもあり、難しいところでもあるんです。

https://ht-organizer.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_4950.jpg
たけもと

お困りの方はお近くのライフオーガナイザーを探してみてください。

ゴミゼロオーガナイズの日チャリティイベントは、私の暮らしを変えるきっかけになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です