アラフォー主婦の2018年 買ってよかったもの

寒い…。

毛布が恋しい年の瀬。

生活する意欲を「片づけ」で支える 看護師×片づけのプロ 竹本ひろこです。

今年もいろんなものを買って、使って、処分してを繰り返してきました。

今年、私が買ってよかったものをひとつご紹介します。

2018年のベストバイは
「ダイゴー アポイントステーショナリー 手帳カバー 折りたたむタイプ」

手帳カバーです。

この手帳カバーは、手帳を2冊ひとまとめにできるところが気に入っています。

それだけじゃないんです。

2冊を同時に見れるようになっているんです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

じゃばら手帳★YUKIさん(@hope_organize_diary)がシェアした投稿

たけもと

便利!

この手帳カバーは、Instagramの@hope_organize_diary  YUKIさんが使っていて、彼女がネタ元です。

この1冊に必要なものがまとめられるので、複数のノートを持ち運ぶのに便利です。

手帳カバーの中身

記録

写真とメモとどちらも記録したいときは、Evernote(iPad)を使っています。

撮影禁の講座受講時やアイデア出しのときは、断然アナログ派。

そんなとき、私はA5のドット方眼ノートを使っています。

無地よりも整えて書けるし、罫線よりもガイドが気になりません。

上の写真では縦線がほぼ見えませんね。

1日の予定管理

ここに予定が詰まっている日のためのバーチカルノートをプラス。

時間軸は5-24時です。

これは日付が入っていないから、いつ始めても辞めてもOKなのがいいところ。

上のほうに☑が6行あるので、タスク管理にも役立ちますよ。

続かない女でもできたバーチカルノートを使った時間の管理

プロジェクト管理

プロジェクトの進行がわかるようなノートも今回購入しました。

これは見開き2ページで上段がマンスリー、下段がガントチャート(線表)になっています。

ガントチャート(英: Gantt chart)とは、プロジェクト管理や生産管理などで工程管理に用いられる表の一種で、作業計画を視覚的に表現するために用いられる。 棒グラフの一種でもあり、横棒によって作業の進捗状況を表す。

Wikipediaより

たけもと

ガントチャートは、デジタル管理だと画面が小さくて見づらいので、持ち運んで共有するなら紙でしょう

私は全体を見ないで、細部に注目してしまう傾向があります。

なので、この手帳を使うと、ひと月全体や流れを意識できるのではないかと期待しています。

忙しい人も、忙しい気がする人も

時間って見えないから、管理しにくいですよね。

そんな毎日の時間を可視化するのに便利なのが、手帳です。

でも、自分に合うものってなかなか見つけられませんよね。

何冊かノートを組み合わせたりすることで、自分に合うものができるのであれば、この手帳カバーはお買い得だと思うんです。

たけもと

じゃばら手帳のYUKIさんはなんと5冊も収納していた!

YUKIさんオリジナルの手帳も面白いですよ。

参考 じゃばら手帳★YUKIInstagram

この記事を読んでくださったあなた。

今年買ってよかったものはなんですか?

たけもと

ぜひコメントかラインで教えてください!
待ってます♪
財布の中身も支払いもスマートに。2017年ベストバイ 財布の中身も支払いもスマートに。2017年ベストバイはJOGGOの財布でした。

⇊2016年のベストバイはこちらから⇊

片づけ収納ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!