思考の整理をしましょう(4)ねらいは外さない!ゴールはそこ!

さあ、いよいよ、思考の整理も終わりに近づいてきました。

 

整理術でチームが創造性を発揮できるベースを作る
大阪のオフィスオーガナイザー® 竹本ひろこです。

 

頭の中を整理しましょう。
というシリーズで、ブログを更新中です。

 

 

 

思考の整理 その4

ゴール設定(目的の設定)です。

これまで整理してきた、理想、現実、自分の大切なこと(価値観)を踏まえて、

目指すゴールをはっきりさせます。

 

ゴール(目的)というのは、実現するものです。

実現したいこと。実現すべきことです。

なので、実現できるように設定します。

 

ライフオーガナイズで、思考の整理、ゴール設定をするにあたり、気を付けていること。

  • 理想と現実はかけ離れていないか
  • あいまいじゃないか
  • 誰でもわかるように、表現されているか (例えば数字)
  • もっと簡単な目標はないか
  • 期限があるか などを考えています

→目的と目標の違い

目的が 世界で活躍するスポーツ選手なら、
日本一の選手になる、大会で優勝する、この試合に勝つ、毎日2回1時間練習する、というふうに
細かく小さく目標を設定します。もちろん数値化や期限付きなど忘れず。

 

具体的には、こんな感じです。

 

誰が  どこを・何を いつから・いつまで どのような状態にする (誰にでもわかる・数値化する・実現できる)
私は、毎朝6時半から3分で、ダイニングテーブルの上のモノを元の場所に収めて、 ティッシュとランチョンマットだけが置かれたにする。   

とか。

このとき、奥のほうのごちゃごちゃはどうでもいいんです。

「ダイニングテーブル」だけの目標だから。

小さなことで自分に「できたね!」「やったね!」を感じるのが、大切。と私は考えています。

 

 

思考の整理のお手伝い、やってます。(下のサービス内容の「コンサルティング」にお進みください)

 

読んでくださってありがとうございます。

オフィスオーガナイザー® 竹本ひろこ

 

シェアする

コメントする